yurie nagashima

photograpghy

長島有里枝の展覧会が横浜で開催

近作や未発表作、インスタレーション作品によって構成される、写真家・長島有里枝の展覧会「知らない言葉の花の名前 記憶にない風景 わたしの指には読めない本」が、横浜市民ギャラリーあざみ野にて開催。1月26日(土)から。
MAKOTO KIKUCHI
1.25.19
The Female Gaze Issue

「女性のまなざし」は何を見つめているのか? フィメール・ゲイズの古今東西

『i-D Japan no.6』のテーマでもある「フィメール・ゲイズ(女性のまなざし)」って何? 写真研究者・小林美香が女性のアーティストたちの試みから、その視線をひも解いていく。
Mika Kobayashi
11.8.18
The Female Gaze Issue

「必要なときに声を出すことは大事」水原希子 インタビュー

自分のやりたいことに邁進する姿勢。その姿は日々、私たちにインスピレーションと希望を与えている。しかし、彼女の前進は始まったばかり。そのスピードは人びとの予想を超えて、ますます加速していく。誰も見たことのない未到の地へ。水原希子は止まらない。
Momo Nonaka
11.5.18
News

7人のアーティストがみせるそれぞれの肖像画「Portraits」展

東京・渋谷にあるMAHO KUBOTA GALLERYにて、2月7日から2月28日まで企画展「Portraits」展が開催。
Daiki Tajiri
2.6.18
News

長島有里枝&ミヨ・スティーブンス-ガンダーラの2人展「Forever is Composed of Nows」

2017年11月21日(火)から、写真家・長島有里枝とアーティスト、ミヨ・スティーブンス-ガンダーラの2人による展覧会「Forever is Composed of Nows」が東京・外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYで開催。
Sogo Hiraiwa
11.20.17
Photography

長島有里枝 インタビュー 3/3 「写真とテキストの関係」

写真家・長島有里枝にC.I.P. Books主宰の西山敦子がインタビューを敢行。part3は、写真とテキストの関係、自分の「好き」を疑ってみることの大切さ、世の中にあふれる「自由」幻想について。最後には、若きアーティストたちへのアドバイスも。「わたしたちは言語的な説明がない写真をどう見たらいいか、実はよくわかっていないと思います」
Sogo Hiraiwa
11.20.17
Photography

長島有里枝 インタビュー 2/3「作り続けること」

写真家・長島有里枝にC.I.P. Books主宰の西山敦子がインタビューを敢行。part2は、学生時代の貧乏旅行、「女」である以上に自分自身であること、表現の試行錯誤について。「誰かのためというより、どうすれば自分が生きやすいか、そのために何ができるかを考えている気がします」
Sogo Hiraiwa
11.17.17
Photography

長島有里枝 インタビュー 1/3 「フェミニズムと工夫」

現在、東京都写真美術館で回顧展が開催されている作家・長島有里枝。インタビューのpart1は、ライオットガールとの出会いや、「ガーリーフォト」の当事者たち、母親ゆずりのDIY精神について。「機材が良くなければいい作品は作れない、みたいな感覚はとにかくバカにしていました」
Sogo Hiraiwa
11.16.17
News

長島有里枝 写真展「そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」

90年代、カルチャーシーンを席巻した女性写真家によるムーブメントを代表する作家のひとり、長島有里枝による個展「そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」が東京都写真美術館で開催される。デビューから24年を経て、新作ではさらなる表現の広がりをみせる彼女の初回顧展だ。会期は9月30日から11月26日まで。
Tatsuya Yamaguchi
7.28.17