yohei ohno

Fashion

素材と形の隣接点:YOHEI OHNO 大野陽平 interview

彼のデザインは「今ここにあるものではない何か」を志向している。これを読み解く、5つのこと。
Tatsuya Yamaguchi
3.4.19
Fashion

2019インターナショナル・ウールマーク・プライズはColovosとEdward Crutchleyの手に

YOHEI OHNOもファイナリストに選出された、IWPの勝者が発表。Colovosがウィメンズウェア部門を、メンズウェア&イノベーション・アワードはEdward Crutchleyに贈られた。
Tatsuya Yamaguchi
2.22.19
THE ORIGINAL ISSUE

東京デザイナーが描く、オリジナリティのありか

現在という時代の波と対峙しながら、インディペンデントの姿勢を貫き、独自性を追求するファッションデザイナーが東京にいる。彼ら、彼女らの話から浮かび上がってきた〈バーチャルなものとの距離感〉や〈個々人の記憶〉といった視点を手がかりに、東京に芽生えつつある新しいオリジナリティの源流を探る。
i-D Japan
4.19.18
Fashion

キュレトリアル的な見方:YOHEI OHNO 18AW

「ルック一体ごとではなく、空間全体をスタイリングしたような感覚です」。2度のショーを経て、今季はインスタレーションでの発表を選んだYOHEI OHNO。魅せることに傾倒した現実味のない服ではなく、人の生活のうえにある“プロダクト”としての服のあり方にデザイナーの大野陽平は立ち返ったと言う。ただ、彼の嗜好性がそっと影を落としながら。
Tatsuya Yamaguchi
3.22.18
Fashion

「作る・喜び」:YOHEI OHNO 2018SS

Amazon Fashion Week TOKYOの開幕初日である10月16日の朝、YOHEI OHNOが2回目となるショーを発表した。無機質で、近未来的な女性像を表現するデザイナー・大野陽平の服作りに添えられたのは、軽やかさと遊び心だった。
Tatsuya Yamaguchi
10.16.17
Fashion

YOHEI OHNO 17AW 大野が思い描くアートな量産型女子

YOHEI OHNOの今シーズン、バウハウスに代表されるインダストリアルデザインの世界をテーマに掲げ、初となるランウェイショー形式でコレクションを披露した。
Yuuji Ozeki
3.26.17