wewill

Fashion

紳士的なスポーツマンシップに学ぶこと: WEWILL 20ss

「洋服は誰でも着られるものであってほしい」。近代スポーツに宿るダイバーシティやインクルージョンの概念や、人種差別が厳しい1940年代後半から活躍した黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンからイメージを膨らませたという〈WEWILL〉。デザイナーの福薗英貴は、何を考えたか?
Tatsuya Yamaguchi
8.30.19
Fashion

美しき“机上”のパンク:WEWILL 19aw

丸の内にあるパブに、ロンドンの空気が吹き込んだ。福薗英貴は、時流や自分自身と対峙して感じた葛藤の痕跡をパンキッシュなステイトメントに宿した。
Tatsuya Yamaguchi
2.25.19
amazon fashion week tokyo

その画家は大成の夢をみた:WEWILL 19SS

福薗英貴が手がけるWEWILLのランウェイショーは、絵描きを夢みる少年が老成するまでを情緒的に描きながら、彼の洋服には“年齢”による規定など存在しないことを明らかにしていた。
Tatsuya Yamaguchi
10.20.18
THE ORIGINAL ISSUE

東京デザイナーが描く、オリジナリティのありか

現在という時代の波と対峙しながら、インディペンデントの姿勢を貫き、独自性を追求するファッションデザイナーが東京にいる。彼ら、彼女らの話から浮かび上がってきた〈バーチャルなものとの距離感〉や〈個々人の記憶〉といった視点を手がかりに、東京に芽生えつつある新しいオリジナリティの源流を探る。
i-D Japan
4.19.18
Fashion

いろんな男たちへ:WEWILL 18AW

Amazon Fashion Week Tokyo最終日の夜。東京・渋谷のcontactを会場に、WEWILLのショーが始まった。
Tatsuya Yamaguchi
3.25.18
Fashion

少年時代の記憶をめぐって : wewill spring/summer 18

グラフィックデザイナー・鶴田一郎が描いたモダンな美人画との邂逅が、美にまつわるはじめの記憶——。少年の頃を追想する、「THE MEMORY OF BEAUTY」と題したWEWILLのセカンドシーズン。ショーの直後、デザイナーの福薗英貴に話を聞いた。
Tatsuya Yamaguchi
10.12.17