tfw

Fashion

ユニフォームをめぐる記号論的再解釈:AKIKOAOKI 20SS

ポピュラーな“制服”の意味を超えてユニフォームの定義に民族衣装のあり方を取り入れたAKIKOAOKIの青木明子。メイクアップを担当した〈RMK〉のKAORIとのコミュニケーションを経てインスタレーション空間で浮き立たせたのは、未来のどこかで凛然と暮らしていそうな、ちょっとクレイジーな新しい“トライブ”の姿だった。
Tatsuya Yamaguchi
9.9.19
Fashion

「ファッションカルチャーをぶっ壊せ」:NEIGHBORHOOD 18AW

ATARI TEENAGE RIOTのアレック・エンパイアがマイクスタンドで破壊したのは、モニターだけじゃない。
i-D Japan
3.26.18
Fashion

少年は光をみる:SISE AW18

4年ぶりのショーを発表したSISEは、苦難を乗り越え成長した少年の姿を描いた。
i-D Japan
3.25.18
Fashion

静かにそして着実に:BODYSONG. 18AW

ヒカリエAホールが超満員になる程、注目度の高さを見せつけた今回初参加のBODYSONG. 。今回の初ランウェイショーは、デザイナーだけではなく今までブランドとともに成長してきたBODYSONG. ファミリー全員による自己紹介から始まった。
YOSHIKO KURATA
3.25.18
Fashion

ミリタリー、プロテクション、エレガンス:HYKE 18AW

HYKEのミリタリー。吉原秀明と大出由紀子の感性によって生み出される無二のフェミニティは、現代の女性が求める機能性と溶け合っている。
Tatsuya Yamaguchi
3.24.18
Fashion

トラディショナルとボーイフッド:PATRICK OWEN 18AW

インドネシアのジャカルタを拠点とするPATRICK OWENが、AFWTで初めてのランウェイショーを開いた。インドネシアの“伝統”とデザイナーのパトリック・オウエンが少年時代に遊んでいたLEGOのカラーリングを重ね合わせて。
i-D Japan
3.23.18
Fashion

働く男性の姿に憧れて:THEATRE PRODUCTS 18AW

座席においてある封筒に入ってある紙に記された「女性がいないランウェイには、女性らしさを強調する要素が溢れています。このコレクションは女性の為に用意された、男性のワードロープです。」という言葉を読み始めたところで、ボイスパーカッションとともにTHEATRE PRODUCTS 18AWのショーが始まった。
YOSHIKO KURATA
3.23.18
fashon

好きはブレない:G.V.G.V. 18AW

MUGがデザイナーを務めるG.V.G.V.のショーが、東京ドームシティにある広大なローラースケートアリーナで開かれた。ブランドデビューから20年の時間を過ごした、現在形のすがたとは。
i-D Japan
3.23.18
Fashion

西部戦線異常あり:RYOTAMURAKAMI 18AW

関西出身のデザイナー・村上亮太が手がけるRYOTAMURAKAMIは「大阪のおばちゃんをガーリーに」をテーマに、故郷の要素を服に詰め込んだ。愛すべきすべての大阪のおばちゃんたちへ、心を込めて。
i-D Japan
3.21.18
Fashion

五感で楽しむ:AMBUSH®️ 18AW

AMAZON FASHION WEEK”AT TOKYO”の一環としてデザイナー・YOONによるAMBUSH®️が20日のラストショーを飾った。ショー会場は、寒い夜の暗闇に煌る東京タワーの麓。"東京"を代表するこの場所でどのようなショーを開催するのか、会場には多くのストリートキッズが集まる。
YOSHIKO KURATA
3.21.18
Fashion

愛されるべき人へ:Jenny Fax 18AW

ラフォーレミュージアム原宿で開催されたJenny Fax 18AWショー。「家族」をテーマに、デザイナー・ジェンファンの「お母さん」にインスパイアされたコレクションを披露した。ジェンファン特有のウィットに富んだ表現で女性ならいずれは経験するであろう半生を描いた。
YOSHIKO KURATA
3.21.18
Fashion

ここにしかないフェミニティ:G.V.G.V. 2018SS

MUGが手がけるG.V.G.V.が、東京・芝公園にある東京プリンスホテルのガーデンアイランドでショーを開催した。テーマには「ボタニカル マリン」を掲げ、無二のフェミニズムと、かすかなエキゾチックな空気をただよわせながら。
Tatsuya Yamaguchi
10.17.17
0102