tokyo fashion week

Fashion

紳士的なスポーツマンシップに学ぶこと: WEWILL 20ss

「洋服は誰でも着られるものであってほしい」。近代スポーツに宿るダイバーシティやインクルージョンの概念や、人種差別が厳しい1940年代後半から活躍した黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンからイメージを膨らませたという〈WEWILL〉。デザイナーの福薗英貴は、何を考えたか?
Tatsuya Yamaguchi
8.30.19
Fashion

Girls Don’t Cry と VERDYのルーツ

グラフィックデザイナーとしてのルーツ、Girls Don’t Cry、Wasted Youthのグラフィックに込められたメッセージ、一期一会の出会い。
Tatsuya Yamaguchi
4.27.19
Fashion

「平成最後の東京コレクション」ベストモーメント:後編

まだ形のない想像を絶する存在を探るPERMINUTEから、ルーツを足がかりに個性を見つめ直すKEISUKEYOSHIDA、無類の美学を貫くHYKEの端整なクリエイティブマインドまで。
Tatsuya Yamaguchi
3.31.19
Fashion

「平成最後の東京コレクション」ベストモーメント:前編

“ディストピア”に佇む気丈な女性を想像したmalamuteから、愛憎入り混じるヒューマニティーを宿したJenny Fax、東京ストリートのエネルギーが渦巻くJiedaによる「平成最後の東京コレクション」を締め括る最高のフィナーレまで。
Tatsuya Yamaguchi
3.30.19
amazon fashion week tokyo

一夜限りの火花:森川マサノリ×山岸慎平

BED j.w. FORDとCHRISTIAN DADAによるジョイントショー「RE:ACTION」。それぞれパリとフィレンツェで発表を終えたばかりの2人のデザイナーは、なぜこのタイミングで“AT TOKYO”に参加を表明したのか?
Tatsuya Yamaguchi
11.5.18
amazon fashion week tokyo

あなたに導かれて:Jenny Fax 19SS

運命的な出会いによって、浮遊する心の動きをエネルギーに変えたJenny Faxのちょっと新しい表情がこちらを覗く。
i-D Japan
10.23.18
Fashion

混沌とした新居で:MALL by WALL 19SS

1日限りの新居であるラフォーレミュージアムで、WALLで取り扱いのある若手6ブランドのショー・インスタレーションが開催された。昼と夕方の回に分けて行われたその混沌とした空間に若年層のオーディエンスがワクワクした表情で駆けつける。彼らにだからこそ牽引できる力がそこにあると熱気を感じた。
YOSHIKO KURATA
10.22.18
amazon fashion week tokyo

“甘さ”の再考:MEMUSE 19SS

大きく膨らんだショルダーライン、重ねられたチュールに布地を駆け巡るフリル。でんぱ組.incのメンバーである相沢梨紗は、咲き乱れるガーリーなエッセンスをシフォンなどをラミネート加工した素材で包み込み、エッジの効いたドリーミーな世界を魅せた。
Tatsuya Yamaguchi
10.21.18
amazon fashion week tokyo

異質の共振:MISTERGENTLEMAN 19SS

オオスミタケシと吉井雄一の、メンズウェアを“更新”する巧みな美学の上で、異質な要素が共鳴するとき。そこには、躍動感(VIBRATION)が顕現する。
Tatsuya Yamaguchi
10.21.18
Fashion

人間より人間的:AVALONE 19SS

7人のモデルはスキンヘッド。顔には白線の“手術痕”。たとえば、脳に人工知能を埋め込んだ人間より優れた人種が現れ、“愛”の感触を自覚したら、彼らは“より人間的”なのではないか。日本アニメ『A.D. POLICE』(1990)にインスパイアされた服が登場する、スペキュラティブな未来予想がここにある。
Tatsuya Yamaguchi
10.21.18
amazon fashion week tokyo

ひと連なりの“時代”:ANREALAGE 19SS

デザイナーの森永邦彦が、パリに進出して以来の重要なパートナー、山口一郎が率いる〈NF〉と真鍋大度の〈ライゾマティックスリサーチ〉とともに、2003年から始まるANREALAGEの足跡をドラマティックに巡った。
Tatsuya Yamaguchi
10.21.18
amazon fashion week tokyo

ぶつかり合い共鳴するふたつのもの:liroto 19SS

なにも知らない無垢さは、悪気もなく時に素直に言葉を投げかける。特にそこに意図なんてなくて、余計に相手の心にズシリと響く。デビューコレクションと打って変わってテーマや演出を設けずに、カネコアヤノの旋律に共鳴したlirotoは、15ルックの服にその醇乎たる想いをかける。
YOSHIKO KURATA
10.21.18
0109