Tim Walker

Music

【interview】ソランジュが語る、地元のジャズバンド、礼拝堂、ブラックネス

内省的でありながらも宇宙を震撼させる、ソランジュの最新アルバム『When I Get Home』。そのはじまりは、前作『A Seat at the Table』のツアーでおぼえた違和感だった。私たちは、故郷ヒューストンでソランジュと会い、14歳から通っていたチャペルや、地元の本屋をめぐりながら言葉を交わした。
Stevona Elem-Rogers
5.27.19
Fashion

かくして我らは火を盗む

フォトグラファーのティム・ウォーカーとスタイリストのイブラヒム・カマーラ。2人のファンタジスタが作り上げた世界へようこそ。
i-D Team
5.14.18
Fashion

シュール王国のティルダ・スウィントン殿下

ティム・ウォーカーとジェイコブ Kが引き出した、ティルダ・スウィントンのこの世のものとは思えない美しさ。
i-D Staff
8.2.17
Music

ロンドン・インディロックの救世主、Goat Girl

「音楽は死から救ってはくれないけど、暇つぶしにはなる」
Frankie Dunn
6.30.17
Fashion

絵を描くモデル、サン・ウー・キム

モデルのサン・ウー・キムがロンドンで個展を開催する。
i-D Staff
6.14.17
Fashion

「ねえ、不思議の国へ連れてってよ」

現実逃避上等。ティム・ウォーカーとLOVERBOYs、そしてセットデザイナーのギャレス・カードがあなたを不思議の国へとご案内!
i-D Staff
6.6.17
Fashion

クィア・スタイル:Art Schoolの創造性

変化が前提となるトランスジェンダーの身体─イーデン・ロウエスとトム・バラットが、クィア性がクリエイティビティに与える影響を語る。
Tish Weinstock
5.26.17
Fashion

Rottingdean Bazaar:静かな海辺のシュルレアル

ジェイムズ・テーセウス・バックとルーク・ブルックスによる新進気鋭のブランドRottingdean Bazaarが、ロンドンのファッション・シーンを席巻している。しかし、彼らはロンドンにはいない。彼らが暮らす海辺の町を訪ねた。
Charlotte Gush
5.24.17
Fashion

芸術家の邪魔をするのは犯罪だ

絵を夢みて、夢を描く。英i-D「クリエイティビティ」号から飛び出した、フォトグラファー、ティム・ウォーカーとスタイリスト、ジェイコブ・Kの風変わりな魔法と好奇心に満ちた想像力、そしてエゴン・シーレの世界に溺れる。
i-D Staff
5.23.17
Fashion

ティム・ウォーカーとパンクの王女

エディ・キャンベルはこう語る「商業主義の欠如が幸いしてなのか、ロンドンのみんなはクリエイティビティや若者に対してとっても協力的。それはお金儲けじゃなくて、おもしろいもの(それは時に美しくもある)をつくることだと思う。だからここを離れると、ものすごくホームシックになるの」。英i-D「Creativity」号のために、ティム・ウォーカーがロンドン・ファッションシーンの豊かな創造性を体現するエディを撮り下ろした。
i-D Staff
5.16.17
Fashion

クリエイティビティはすべてを救う

「クリエイティビティはトンネルの向こう側に見える光。それは私たちにベッドから抜け出せという、だってどこかでだれかが何か美しいことをしているのだから」と英i-Dの表紙を飾ったアジョア・アボアーはいう。「Creativity」号のカバーストーリーでは、独特でユニークなイーストロンドンを背景にティム・ウォーカーが、エネルギーに満ち溢れた輝かしい若者たちを写し出す。
i-D Staff
5.16.17
Fashion

ジョン・ガリアーノが語る、マルジェラのアーティサナル・コレクション

ジョン・ガリアーノ、ティム・ウォーカー、グレース・コディントンが集結し、Maison Margiela の2017年アーティサナル・コレクションを讃えた——。そのコレクションやデジタル世代について、ガリアーノが語る。
Anders Christian Madsen
5.10.17
0102