Think Pieces

Think Pieces

「すべての人々よ、団結せよ」:タイのHIPHOPプロジェクト〈RAD〉がアゲンストするものとは?

タイのHIPHOPプロジェクト〈Rap Against Dictatorship〉が10月22日にYouTube上に公開し、すでに3000万回以上再生されている「プラテート・クー・ミー」。この歴史的な盛り上がりの理由はどこにあるのか? それを解くカギは、タイ国民なら誰でもハッとするそのリリックとMVにあった。タイ文学研究者で翻訳家の福冨渉が、この曲が誕生した背景とそこに込められた意図をひも解く。
sho fukutomi
2日前
The Female Gaze Issue

フィメール・ゲイズの古今東西

『i-D Japan no.6』のテーマでもある「フィメール・ゲイズ(女性のまなざし)」って? 写真研究者の小林美香が、女性のアーティストたちの試みからその視線をひも解いていく。
Mika Kobayashi
11.8.18
the earthwise issue

#MeToo運動を疑っていた私

残念ながら、今のところ#MeTooは働く女性の生活に目に見える効果を生み出していないどころか、まったくの逆効果にすら感じられる。ただ、私は、これからも何も変わらない、と思っているわけではない。まだ何も起こっていないだけだ。
Otegha Uwagba
10.25.18
Think Pieces

鞄からスニーカーへ:バレンシアガが男性と若者を魅了する理由

男性、ミレニアム世代、そしてBALENCIAGAがラグジュアリー・ファッションを変える。
Ryan White
6.13.18
Think Pieces

Grindrはどのようにして「最もクィアな出会い系アプリ」になったか?

クィア専門の有名出会い系アプリ「Grindr」がより包括的になり、トランスジェンダーやノンバイナリーのユーザーも利用可能になった。
Jake Hall
5.14.18
the sounding off issue

中東のミュージシャンは何と闘っているのか? 中東音楽のポリティックス

中東のアーティストにとって、音楽を作ることは本質的に政治的なアクションなのだ。
Amelia Abraham
4.2.18
Think Pieces

ミレニアル世代にとっての贅沢さとは?

生まれた頃からマーケティングされ続けてきたデジタルネイティブ世代が求める「ラグジュアリー」とは?
Felix Petty
2.5.18
Think Pieces

ハーヴェイ・ワインスタインの興隆と失墜 2/2

彼のスキャンダルはなぜ映画界にとって重要な意味を持つのか? 映画評論家・大寺眞輔が、ワインスタインとウディ・アレンの事件からハリウッドにおける「家族」問題を考える。後篇は、映画を覆うメディア環境の変化とその可能性について。
Shinsuke Ohdera
1.31.18
Underwear

「見せTバック」の復活にファッション誌が賛否両論

Tバックへの反応からひも解かれる、女性のセクシュアリティ。
Kelsey Lawrence
1.31.18
Think Pieces

ハーヴェイ・ワインスタインの興隆と失墜 1/2

彼のスキャンダルはなぜ映画界にとって重要な意味を持つのか? 映画評論家・大寺眞輔が、ワインスタインとウディ・アレンの事件からハリウッドにおける「家族」問題を考える。前篇は、ワインスタインの手腕とその功績について。
Shinsuke Ohdera
1.30.18
Fashion

#TimesUp運動から考える視覚の速さ、ファッションの力

ハリウッドの#TimesUp運動は,ファッションが単なる服装以上の意味を持っていることを私たちに思い出させてくれる。
Hanna Hanra
1.29.18
Fashion

2017年、ストリートウェアに何が起こったか?

ラグジュアリーなコラボから億万長者の投資家まで。ストリートウェアが2017年いちばん儲かるファッションになった。その理由とストリートウェアの未来を、デザイナーやジャーナリストらが語り明かす。
Douglas Greenwood
12.26.17