the heart-to-heart issue

i-d japan magazine

i-D Japan no.1 ~no.4の表紙まとめ

i-D Japan no.5の発売を記念して、no.1 ~no.4のカバーストーリーを振り返る。
i-D Japan
3.29.18
Fashion

ふたりでひとつ

誰かが隣りにいることで生まれる愛がある。それは恋愛に限らず、家族、兄弟、はたまたビジネスを共にするパートナーであったりと形はさまざま。そこにこそ、唯一無二といえる密接な愛が存在するのではないだろうか。
i-D Staff
11.22.17
Think Pieces

愛とは言語である

日本でインターネットが普及し始めてから20年が経ち、Facebook、Twitter、LINEといったSNSは私たちのコミュニケーションツールとして欠かせない存在となった。そうした状況において、日々の生活のなかで私たちが接する言葉も変わってきている。愛なき時代に私たちができること、そして、愛と言葉の関係とは……。コラムニストのブルボン小林が「愛と言語」を語る。
Bourbon Kobayashi
2.2.17
Music

ヒップホップからまだ見ぬ未来へKIANO JONESが紡ぐ言葉

14歳にして大人顔負けのラップでシーンに衝撃を与えた神戸出身のキアノ・ジョーンズ。現在はフロリダに活動のベースを移し、次なる活動に向けて準備を怠らない17歳の恐るべき子どもはヒップホップから逸脱して、どこに向かうのか。
Yu Onoda
1.19.17
Fashion

東京少年、ここに在り

何かも手に入る時代に、彼らが見つけ出したのは彼らにしか表現できないスタイル。
i-D Staff
1.6.17
Photography

東京からのラブレター:Kiyoe Ozawa

フォトグラファーが「愛」をテーマに作品を撮り下ろした「東京からのラブレター」シリーズ。平成生まれの写真家Kiyoe Ozawaが映し出す「愛」とは?
i-D Staff
1.6.17
Fashion

現代のモデル事情

年齢も生い立ちも異なるモデルたちは、もちろん、考え方やスタイルが十人十色だ。国のあり方、社会のあり方が変化している今でこそ感じる愛とは何か?表現者の顔を持つ、彼・彼女らにストレートな言葉を聞いた。
i-D Staff
12.15.16
Fashion

僕たちと日本の未来

テロの多発、イギリスのEU離脱、憲法第9条の改正世界的に立て続けに起こっている残虐な事件……。2016年の世界情勢は不安定極まりない。今後の日本そして世界を支えていくミレニアム世代がそれぞれの思いを語る。
i-D Staff
12.12.16
Photography

東京からのラブレター:草野庸子

「愛」とはなにか?写真家たちにとっての「愛」を聞いた「東京からのラブレター」シリーズ。今回は草野庸子が自身の友人や身近な人たち、何気ない日常から「愛」を捉えた。
i-D Staff
12.12.16
Photography

東京からのラブレター:松井春樹

フォトグラファー松井春樹が、さりげない日常の風景から「愛」の物語を紐解く。
i-D Staff
12.9.16
Music

YONCEの音楽愛がつなげる過去と未来

新世代バンドとして、頭ひとつ抜けた目覚ましい活躍を見せる6人組バンド、Suchmos(サチモス)。しなやかなソウルグルーヴや洗練されたメロディを特別なものにするバンドの強い意志についてフロントマンのYONCEが語る。
Yu Onoda
12.9.16
Think Pieces

変わりゆく世界について マキシン・ピークが語る

真の変化を求めるならば、自分のことだけを考えるのではなく、団結しなければいけない。女優、マキシン・ピークは「子どもをつくらないことを選択する新しい家族の在り方は、子どもがいる家族と同様もしくはそれ以上に、政治と地球の未来に貢献しているのかもしれない」と語る。
i-D Staff
12.8.16
0103