the futurewise issue

the futurewise issue

スーパーソニックユース 2018

英i-DのEarthwise号で写真家クリスティン=リー・ムールマンとファッション・エディターのイブラヒム・カマラがコラボレート。南アフリカの神聖な祭事と踊り子にインスパイアされた壮大なストーリーを紡ぐ。
i-D Staff
9.4.18
Fashion

現代アメリカの肖像

大統領選挙やプロテスト運動がニュースフィードを席巻している昨今、アメリカに住む人々はみな過去の、現在の、そして未来の「偉大なるアメリカン・ドリーム」に考えを巡らせている。ここではオリヴィエ・ハドリー・パーチ(Oliver Hadlee Pearch)が現在のアメリカの核心を捉えたスナップ写真を紹介。
i-D Staff
8.12.16
Fashion

ダンスが秘める儚さと強さ

ダンスの美しさと強さを讃え、ジェンダーを再定義するファッションストーリーを写真家ハーレー・ウィアーが撮り下ろした。
i-D Staff
8.3.16
Fashion

北アイルランドのボクサー少年たち

北アイルランド、ベルファストにあるホリー・ボクシングクラブでは、未来のチャンピオンたちが日々トレーニングに励んでいる。力強いパンチの準備は万端。王者を夢見る12人の少年たちがフォトグラファーと対峙した。
i-D Staff
7.28.16
Fashion

ノスタルジックな夏の斜陽

メイクアップアーティストAndrew Gallimoreの世界に拐かされて、魅惑の夏を感じよう。
i-D Staff
7.27.16
Fashion

パラダイスに帰ろう

Jason Evansがファッション界の輝くニューフェイス10人を撮り下ろした。エデンの園で咲き乱れる花に酔いしれて。
i-D Staff
7.26.16
Fashion

バルカン半島に暮らすユースの煌めき

ダンコ・シュタイナーが、バルカン半島に暮らす若者のリアルを写し取ったポートレイト作品群。「美の革命」へようこそ。
i-D Staff
7.20.16
Culture

ひとを愛するということ——ライアン・マッギンレー

そこにあるのは、愛なのだ。歌も小説もペインティングもメールも、すべては表現せずにいられない、やむにやまれぬ愛の衝動から生まれるものなのだ。愛はひとを変える——ひとは愛し愛されることで、本人には想像もつかなかった自分を発見する。愛は奇妙でもあり、普遍的なものでもある。ひとに愛され、ひとを愛することほど素晴らしいものはない。ライアン・マッギンレーが恋人マークと恋に落ちて、早1年が経つ。その1年の軌跡が、ここにある。
Jack Sunnucks
7.13.16
Fashion

Vetementsという国家

激化の一途を辿る世界の政治的情勢を受けて、“世界共同体”という概念が希求されていた今季のコレクション。そのなかでVetementsほど「グローバルネーション(世界的国家)」を如実に体現しているブランドはなかった。i-Dは、デムナ・ヴァザリア率いるデザインチーム、モデルなどVetementsと関わりの深い人々にインタビューを行い、彼らがいかにして世界的なムーブメントとなったかに迫った。
Anders Christian Madsen
6.30.16