sustainability

Fashion

サステイナブルファッションとは? 15人の若手デザイナーにインタビュー

年々曖昧になっていく〈サステイナビリティ〉という言葉。今をときめく若手デザイナー15人に、その本当の意味を訊いた。
Mahoro Seward
7.28.21
Fashion

「好きじゃないことは続けられない」移動式の古着屋Blanche Marketと考える、包括的で楽しいサステナビリティ

おしゃれとサステナビリティは両立できる。コルクを用いたナイキの新作シューズ「プラント コルク パック」発売を記念して、店舗を持たずポップアップ式で全国各所を巡るヴィンテージショップ「ブロンシュマーケット」のオーナー優里とディレクターのミシェルにきいた、環境活動を楽しく続けるための秘訣。
Mami Hidaka
6.2.21
Fashion

古着のリメイクは本当に〈エコ〉なのか?

TikTokで流行中の、オーバーサイズの古着をリメイクする〈スリフト・フリッピング〉。一見環境に配慮したトレンドに思えるが、その根底にはファットフォビアが隠れていた。
Liza Bautista
Meghan Keeney
2.2.21
News

ナイキのスポーツパークが豊洲に開園、多様でサステナブルなスポーツの未来を体現

誰でも参加可能で刺激的なスポーツ体験を生み出す、ナイキの新しいデザインコンセプトのパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT x ART」が10月10日にオープンする。
i-D Japan
9.28.20
Fashion

ローラのLA移住の決断と、そしてライフスタイルブラン〈STUDIO R330〉を発信するまで

日本を離れ2016年からLAに本拠地を構えたローラ。彼女の素直でピュアな想いがつまった新ブランド〈STUDIO R330〉は、体型や人種を超えた全ての女性に向けてのクリエイションだ。ブランド立ち上げの経緯から、日本を離れたきっかけやロスでの暮らしぶりを聞いた。
Kazumi Asamura Hayashi
9.23.20
Fashion

「難しい伝え方をしてもピンとこない」中島沙希とGliiicoのKaiと考える、日常のサステナビリティ

ナイキの「エア ヴェイパーマックス 2020 フライニット」は普段の生活に考えるきっかけを授けてくれるポップなシューズだ。カナダ育ちのバンドGliiicoのボーカルKaiと日本で生まれ育ったモデルの中島沙希──2人の若者が環境問題について今想うこと。
Sota Nagashima
8.6.20
Fashion

「環境問題はコミュニティで取り組んでいくこと」haru.と考えるサステナビリティ

気候変動は私たちの世代にとって最重要のテーマだ。この巨大な問題をどう考えればいいのか。haru.は「すべての問題はつながっている」と言い、ナイキは真のサステナビリティを目指して、循環型デザインのスニーカー「スペース ヒッピー」を作り上げた。
Mugi Tsukahara
6.10.20
Opinion

空虚な〈サステナビリティ〉、あるいはファッション業界の無責任

「サステナビリティ(持続可能性)」は口ざわりの良いバズワードとしてブランドに悪用されている。環境への影響を改善しようともしないブランドによって──正確な言葉を使うことの重要さ、来るべきファッションブランドのあり方、メディアや消費者について。
Alec Leach
4.22.20
News

無限リサイクルが可能に カルト的人気を誇るプラダのナイロンが新素材へ

Pradaは新プロジェクト〈Re-Nylon〉で、リサイクルナイロンへの2021年までの完全移行を表明。素材の品質に影響を及ぼすことなく無限にリサイクルできる再生ナイロン糸、ECONYL®(エコニール)を採用した。
Alim Kheraj
7.8.19
Fashion

Plan C デザイナー、カロリーナ・カスティリオーニが考える〈女性と未来のための美学〉

MARNIの創業デザイナーであるコンスエロ・カスティリオーニの長女で、新ブランドPlan Cを父と兄とともにスタートさせたカロリナ・カスティリオーニ。ブランドが描くビジョンを訊くため、初の旗艦店を東京・南青山にオープンした彼女のもとを訪ねた。
Tatsuya Yamaguchi
4.22.19
Culture

ノー・プラネット ノー・スクール:気候変動の対策を求めて、学校をストライキする学生たちの叫び

2月15日、英国の数千人の学生が集結し、気候変動への対策を求めるストライキを決行。彼らの声に耳を傾けるよう訴えた。
Clementine de Pressigny
3.15.19
Fashion

パリコレに初参加したヘロン・プレストンの創作哲学/サステナビリティ

ニューヨークを拠点にするストリートウェアブランド、HERON PRESTON(ヘロン・プレストン)。ブランド創立の契機となったのは、ヴァージル・アブローとの出会いだった。
Kazumi Asamura Hayashi
2.18.19
0102