Spring Summer 2018

Fashion

ナザレの街を回想しながら:5-knot 2018SS

ポルトガルの中西部に、ナザレという大西洋に面した小さな街がある。鬼澤瑛菜と西野岳人がデザインを手がけ、「旅とVintage」をテーマに掲げる5-knotは、10シーズン目でかつて訪ねた海風かおるこの街の景色に想いを馳せた。
Tatsuya Yamaguchi
10.19.17
Fashion

20年目に東京で:TOGA 2018SS

TOGAの20周年を祝福すべく駆けつけたゲストたちは、夜の国立新美術館に誘われた。12年ぶりの東京での、一度きりのショー。そこには、回顧するのではなく、現在進行形のTOGAの姿があった——。
Tatsuya Yamaguchi
10.18.17
Fashion

ここにしかないフェミニティ:G.V.G.V. 2018SS

MUGが手がけるG.V.G.V.が、東京・芝公園にある東京プリンスホテルのガーデンアイランドでショーを開催した。テーマには「ボタニカル マリン」を掲げ、無二のフェミニズムと、かすかなエキゾチックな空気をただよわせながら。
Tatsuya Yamaguchi
10.17.17
Fashion

自由を浮き立てて:KEISUKEYOSHIDA 2018SS

Amazon Fashion Week Tokyoの2日目が始まった。KEISUKEYOSHIDAは近代の政治や社会へのカウンタカルチャーとして歴史に刻印されている、60年代後半のヒッピースタイルにインスパイアされていた。今の空気を呼吸する自由の体現者たち。
Tatsuya Yamaguchi
10.17.17
Fashion

歪んだ白昼夢:PERMINUTE 2018SS

デザイナー・半澤慶樹が手がけるPERMINUTEは、出身地である福島県の自然や森を切り開いたニュータウンなど自身の身近なものにインスピレーションを得たショーを発表。実験的ながらも懐かしい夢の世界へ私たちを誘った。
i-D Japan
10.16.17
Fashion

思春期を境に:DRESSEDUNDRESSED 2018SS

二面性の結合をブランドコンセプトに掲げるDRESSEDUNDRESSED。今季のテーマは「IN BLOOM」とし、咲く花を思春期の感情に見立てた。そこから生まれる男と女、大人と子供の対比をショーで表現した。
i-D Japan
10.16.17
Fashion

「作る・喜び」:YOHEI OHNO 2018SS

Amazon Fashion Week TOKYOの開幕初日である10月16日の朝、YOHEI OHNOが2回目となるショーを発表した。無機質で、近未来的な女性像を表現するデザイナー・大野陽平の服作りに添えられたのは、軽やかさと遊び心だった。
Tatsuya Yamaguchi
10.16.17
Fashion

少年時代の記憶をめぐって : wewill spring/summer 18

グラフィックデザイナー・鶴田一郎が描いたモダンな美人画との邂逅が、美にまつわるはじめの記憶——。少年の頃を追想する、「THE MEMORY OF BEAUTY」と題したWEWILLのセカンドシーズン。ショーの直後、デザイナーの福薗英貴に話を聞いた。
Tatsuya Yamaguchi
10.12.17