relationships

Culture

ミレニアルズの1/4は「一人も友達がいない」 米研究がSNS使用と孤独感の関連を指摘

米国に暮らす18歳以上1200人にインタビューした研究で、ミレニアルズ(81年以降生まれ)がかつてないほど孤独な世代と判明。30%が「親友はいない」と答えた。
Roisin Lanigan
9.10.19
Opinion

心理的虐待者とただのクソ野郎の違いとは何か?

近年、欧米で議論が活発になっている〈ガスライティング〉。他人に自分の記憶や感覚を疑わせるこの心理的虐待は、フィジカルな虐待と違って当事者であっても気がつきにくい。ここでは、混同しやすい〈ガスライティング〉と〈ただのクソ野郎〉の見分けかたを紹介。
James Greig
9.2.19
Music

「Family」:ダニエル・ブルンバーグ interview

パリのホテルでMVが撮影された「Family」は、一筋縄ではいかない愛と失恋に捧げる繊細な1曲。ダニエルの元パートナーであるステイシー・マーティンが出演している。
J.L. Sirisuk
11.1.18
Culture

孤独になるための4つのヒント

しばしのあいだ、独りになって、自分自身と対話を——。
Bertie Brandes
8.30.17
Fashion

「愛はこの世でもっとも美しい責任」:イギリスに暮らす4組のカップル

愛とはなにか?「受容」「強さ」「優しさ」、それはさまざまな形で感じられるものだろう。カシオン・メイヤーズいわく、それは「この世でもっとも美しい責任」だそうだ。この世に愛ほど素晴らしく、そして美しいものはない。ジプシー的生き方のエレガントなロックンローラーたちに捧げる「サンライズ・コレクション」を発表したファッション・ブランドKooplesの協力を得て、i-Dは、...
Created with The Kooples
7.25.17
Culture

ひとを愛するということ——ライアン・マッギンレー

そこにあるのは、愛なのだ。歌も小説もペインティングもメールも、すべては表現せずにいられない、やむにやまれぬ愛の衝動から生まれるものなのだ。愛はひとを変える——ひとは愛し愛されることで、本人には想像もつかなかった自分を発見する。愛は奇妙でもあり、普遍的なものでもある。ひとに愛され、ひとを愛することほど素晴らしいものはない。ライアン・マッギンレーが恋人マークと恋に落ちて、早1年が経つ。その1年の軌跡が、ここにある。
Jack Sunnucks
7.13.16
News

『Summer of Love』シリーズがスタート

悲しく苦しい出来事が相次ぐ世界に、i-Dは愛をもって挑みたいと思う。世界の若者たちの声とストーリーに、様々な愛のあり方を見るプロジェクト、『Summer of Love』。2016年、いや、その先に続く未来に、愛が、友情が、そしてセクシュアリティーがどう、そしてなぜ進化していかなければならないのかを探っていこう。
i-D Staff
7.7.16