rap

Music

キース・エイプやリッチ・ブライアンも客演 四川省出身のラップ集団:ハイヤー・ブラザーズ

本国・中国を超えて、欧米で注目が集まる四人組が、電子版〈万里の長城〉を超えてクイック・インタビューに答えてくれた。
Frankie Dunn
6.5.18
Music

ケンドリック・ラマーのピューリッツァー賞受賞によって何が変わるか?

これにより、黒人アーティストを特定のカテゴリに閉じ込める風潮も終わりを迎えるだろうか?
Candice Carty-Williams
5.15.18
Music

なぜUKのラップシーンは世界をリードしているのか?

i-D UK最新号『New Fashion Rebels』号のカバーストーリーに出演したUKを拠点に活動する4人のラッパーたちがそれぞれのルーツ、世界観、野望を語る。
Hattie Collins
Matthew Whitehouse
5.14.18
Culture

イスラエルの都市でラップする16歳の少年、シェイ・リットマン

写真家のデュディ・ハッソンは、路上でラップするシェイを見かけるや否や、その才能をカメラに収める必然性を確信した。
Clementine de Pressigny
5.14.18
THE ORIGINAL ISSUE

ELLE TERESA:女の子はみな武器を持っている

Elle Teresaは流行りの服を独自に着こなすかのようなビート・ジャックで注目を集めてきた。女の子でいることは最高だ。そんな思いを込めた彼女のラップは、この時代に重要なメッセージとして響く。
Ryo Isobe
4.9.18
Music

青き炎を燃やす、19 歳のラップシンガーDAOKO

インターネットが盛り上げるアンダーグラウンドなシーンを経由し、ポップアイコンを目指す黒髪ロングの美女ラップシンガー。そのキャリアから、彼女が考える“モダン・ラブ”について聞いてみた。
Ayana Takeuchi
12.28.16
watch

i-D meets: アイスランドヒップホップ

小人や妖精といったイメージも、その荘厳な風景にぴったりの美しい民族音楽も、ひとまずは忘れてほしい。アイスランドはいま、ヒップホップに沸いているのだ。シガー・ロスのサウンドにまどろみ、その向こうには音楽の母ビョークが優しく微笑んでいる——そんな環境に育ったアイスランドの子供たちが見事に成長し、偉大な先人たちが作り出した音世界をさらに広げようとしている。それがアイスランドのヒップホップだ。音楽最新事情を探るべくアイスランドを旅した私たち——Reykjadalur...
i-D Staff
12.20.16