PUSSY RIOT

the hero issue

「穏やかで優しいやりかたでも抵抗できる」プッシー・ライオットのナージャが語る、パンク精神とアクティビズム

ロシアで開催されたサッカーW杯決勝戦への乱入も記憶に新しいパンク集団〈プッシー・ライオット〉。彼女たちはアートをつくり、楽器を鳴らし、メディアを運営しながら、日々小さな革命を起こし続けている。この集団の中心人物であるナージャが、モスクワでの生活やDIYパンクの精神、大好きだという日本のアニメヒロインについて語った。
Momo Nonaka
7.17.19
Music

テーマはロシアに降った〈黒い雪〉 プッシー・ライオットが新曲「Black Snow」をリリース

シベリアの炭鉱地域で降った〈黒い雪〉をテーマに、環境問題に警鐘を鳴らすトラップナンバー「Black Snow」を発表したPussy Riot。プーチン大統領に宛てたメッセージも同時に公開された。
Frankie Dunn
7.17.19
News

女子サッカーを総特集!『SHUKYU Stories FEMALE ISSUE』

フットボールカルチャー雑誌『SHUKYU Magazine』がまるまる一冊、女子サッカーを特集。サッカーとファッションのハイブリッドなzine『SEASON』から、ロシアW杯の決勝戦に乱入したパンク・アクティビスト集団〈プッシー・ライオット​〉まで。
Sogo Hiraiwa
7.1.19
the hero issue

『i-D Japan no.7』ヒーロー号 目次公開

最新号のテーマは「ヒーロー」。表紙を飾るEXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典を筆頭にKOHH、マーク・ゴンザレス、清水尋也、プッシー・ライオット、茅島みずき、タイショーン・ジョーンズが登場。
i-D Japan
4.3.19
Music

ブルック・キャンディの最新MV「My Sex」でミッキー・ブランコ、プッシー・ライオットがダッチワイフに

ブルック・キャンディの新シングル「My Sex」の、異次元ビデオをご覧あれ。
Frankie Dunn
12.19.18
Music

ブルック・キャンディ interview:車上生活のストリッパーがラッパーになるまで

GrimesやSiaにその才能を見出されたブルック・キャンディ。しかしその過去は決して平坦なものではなかった。ホームレス生活、ストリッパー時代、大手レーベルとの契約まで--。アートディレクションからポルノ映画の撮影までこなす謎多きラッパー、ブルック・キャンディの全貌に迫る。
Hibiki Mizuno
12.18.18
Culture

プッシー・ライオットのナージャによる初の著作『Read & Riot』

現代アクティビズムの指南書。
Frankie Dunn
10.22.18
News

フェミニスト・パンク集団プッシー・ライオットの一人マリア・アリョーヒナの著作が刊行決定

ロシアW杯決勝でのピッチ乱入パフォーマンスで注目を集めたプッシー・ライオット。多くの著名人からも支持される彼女らは一体何者なのか? 創設メンバーの著作が翻訳刊行決定。
Daiki Tajiri
7.19.18
activism

プッシー・ライオットのナージャが語る、反プーチン抗議デモ

2018年5月5日に行われた反プーチンの抗議活動で、子どもを含む1600人以上が逮捕された。モスクワのプーシキン広場での一連の目撃談を、プッシー・ライオットのナジェージダ・トロコンニコワがi-Dに語る。
Nadya Tolokonnikova
5.21.18
Music

「ドナルド・トランプは真っ裸」:ナジェージダ・トロコンニコワが想像する2018年

ロシアのフェミニスト・パンク集団プッシー・ライオットで活躍するナジェージダが来るべき革命に向けて、2018年を夢想する。
i-D Staff
12.22.17
Culture

「インサイド・プッシー・ライオット」:ナジェージダ・トロコンニコワ interview

プッシー・ライオットが運営するニュース配信サイトと、観客参加型の舞台。その二つのプロジェクトを通じて、ナジェージダはロシアの残忍な刑務所問題にメスを入れようとしている。
Frankie Dunn
12.18.17
News

プッシー・ライオットのパンク演劇

プッシー・ライオットの主要メンバーのマーシャは、自著の戯曲『Burning Doors』をベラルーシの“どこか”で上演すべく、リハーサルをしているようだ。
Hannah Ongley
6.7.16