POP

Music

次世代のバイリンガル・ミュージシャン9選

アリス・ロンギュ・ガオから、アニク・カーン、スピル・タブまで。多国籍なルーツをインスピレーション源に、多言語を自在に操る新進気鋭のアーティストを紹介。
Eda Yu
9.8.21
Music

いま聴くべき新人ミュージシャン9選、今夏のサントラ決定版

アイルランドのポップスター、ルーシー・ブルーからロンドンの謎めいたラッパー、ジョン・グレイシア、ソウルのアーティストYonYonまで、夏にぴったりなニューフェイスを紹介。
Frankie Dunn
7.19.21
Music

リナ・サワヤマ×プッシー・ライオット「社会を揺さぶるクィア、ポップス、アクティビズム」【対談後篇】

リナ・サワヤマとナージャ・トロコンニコワによる対談後篇。話題はクィア・コミュニティが社会に与えた影響や資本主義リアリズムを経由して、日常のなかで実践できるアクティビズムへ。
Sogo Hiraiwa
7.21.20
Music

リナ・サワヤマ×プッシー・ライオット「ファストファッションみたいな音楽は作りたくない」【対談前篇】

2020年代の幕開けにふさわしい傑作アルバム『SAWAYAMA』を発表したリナ・サワヤマとロシアのパンクアクティビスト集団プッシー・ライオットのナージャ・トロコンニコワによる初対談。前篇は二人が口を揃えて重要だという歌詞や現代のポップミュージックが担う役割、そしてちょっと奇妙なラブソングについて。
Sogo Hiraiwa
7.21.20
Music

「今は一番いいディグができる時代」長谷川白紙 interview

ネットの音楽シーンから頭角を現し、Corneliusをはじめとするミュージシャンや若い音楽好きからも絶大な支持を集める長谷川白紙。現在は音大で学びながらソロ・アーティストとして活動する "恐るべき子ども"が、そのめくるめく音楽遍歴や名前の由来、ネットを駆使したディグ術、独自の「ポップス論」を語った。むんにゅぱ〜
Momo Nonaka
3.26.20
Music

アイスランドが生んだポップ・プリンセス Glowie

中毒性のあるダンスが盛り込まれた新曲MVを見たら、彼女の虜にならずにはいられない。
Frankie Dunn
11.30.17
Music

ニュージーランドの宅録女子:Fazerdaze初来日インタビュー

2017年ニュージーランドの老舗レーベル<Flying Nun Records>からデビューを果たし、10月11〜12日に日本で初来日ライブを開催したFazerdaze。今回、初来日した彼女にi-D Japanはニュージーランドや日本、彼女の周りの音楽シーンについて訊いた。
Milo Oyamada
10.25.17
News

グラフィックとPOP — 鈴木“KINK”均、初の個展

“音楽”を中心に活動を続けてきたグラフィックデザイナー・鈴木“KINK”均。「POPとは何か?」と考えずにはいられない、自身初となる個展「LIFE BEGINS AT THE POP」が開催されている。
Kanayo Mano
8.4.16
News

STELLA McCARTNEYの最新フレグランス広告にグライムス起用

地球に優しいフレグランスを発表したステラの広告キャンペーンで、パステルピンクのグライムスが荒野を行く。
Emily Manning
4.8.16