poet

News

国内におけるシュルレアリスムの先駆者、瀧口修造と彼が見つめた作家たち

美術評論家、詩人そしてアーティストとして、日本国内にシュルレアリスムを紹介した瀧口修造にフォーカスを当てたコレクションによる小企画が開催。
Daiki Tajiri
6.15.18
Culture

「クリエイティブでいるには時間の浪費が必要」:アイリーン・マイルズ interview

近年、アメリカで再評価が高まる詩人のアイリーン・マイルズに、60年代から現代にいたる彼女の激動の半生について訊いた。
Sophie Heawood
6.11.18
THE ORIGINAL ISSUE

いつか、街を歩いていたら:最果タヒ interview

第一詩集『グッドモーニング』による鮮烈なデビュー以来、現代を生きる私たちの言葉に寄り添ってきた詩人・最果タヒ。創造性に溢れた詩や小説の制作にとどまらず、近作『千年後の百人一首』では美術家・清川あさみと共に千年前の感情の翻訳を試みるなど、ますますその活動の幅を広げている。言葉を巡る思考の軌跡や彼女が夢見る詩の未来について、話を訊いた。
Ippei Suzuki
4.26.18
News

「谷川俊太郎展」 東京オペラシティ アートギャラリーで開催

東京・初台にある東京オペラシティ アートギャラリーで企画展「谷川俊太郎展」が開催される。会期は2018年1月13日(土)から3月25日(日)まで。
i-D Staff
12.28.17
The Fifth Sense

詩人・最果タヒが描く、「光」を感じさせる言葉たち

詩人、小説家、エッセイスト。幾つかの肩書きを持つが、どれも共通するのは「言葉」をツールに表現活動を行うということ。多くの女性たちから注目を集め、共感される「言葉」を描く最果タヒが本企画のために書き下ろした詩。
Akira Takamiya
6.27.17