Photography

The Female Gaze Issue

はじまりの傷:石内都 interview 〈前篇〉

2014年にアジア人女性として初めてハッセルブラッド国際写真賞を受賞し、世界から注目を集めるひとりの写真家がいる。40年にわたり、女性と彼女たちが生きてきた時間を捉えてきたその人は、いま何を思い、何を見据えているのか? 映像作家・中村佑子が、生まれ故郷でもある群馬にアトリエを移したばかりの石内都を訪ねた。
Yuko Nakamura
12.27.18
Photography

Ari Marcopoulosが街にやってくる

世界的な写真家であるアリ・マルコポロスが12月21日(金)に代官山 蔦屋書店にてサイン会を行い、この機会のために制作したZINEやポスターを持ってくるのだという。少し早いが、なんとスペシャルなクリスマスプレゼントなんだろうか。
i-D Japan
12.19.18
Photography

言葉をもとに写真を撮り下ろすプロジェクト「Bespoke Photo」開催

フォトグラファーの池野詩織、岩本幸一郎、佐々木大輔、嶌村吉祥丸、服部恭平、HOUMIの6名が、来店者からの「言葉のオーダー」を受けて完全新作を撮り下ろす企画が渋谷・神泉のセレクトショップ〈R for D〉で12月28日(金)まで開催。
i-D Japan
12.14.18
Culture

ブレイキングはいかにして芸術となったか?:〈Bボーイ〉創生期

Bボーイを撮り続けたブロンクスのストリート写真家リッキー・フローレス。彼は言う、「ブレイキングは芸術と人間のたくましさを伝える物語だ」と。
Cassidy George
12.6.18
Culture

80年代のロンドンを支えたヘアドレッサー「CUTS」

1978年以降、ロンドンの面白さは一軒のヘアドレッサーに集まっていた──。ネット以前のソーシャル空間として、若者たちの溜まり場・社交場となっていた「CUTS」。その美学と多様性を伝える500ページ写真集『CUTS』の刊行を記念し、関係者にインタビューを行なった。
Momo Nonaka
12.5.18
Culture

「パンクの誕生」を記録した写真家デレク・リジャーズが語る、撮影の極意

デレク・リジャーズの新しい写真集『Derek Ridgers』には、デーモン・アルバーン、ネナ・チェリー、ニック・ケイヴ、スヌープ・ドッグのあまり知られていないアーカイブ写真が収録されている。
Matthew Whitehouse
11.30.18
Photography

「僕の血は、鉄の味がする」:小見山峻写真集『hemoglobin』interview

鉄への憧れと先祖への讃歌。写真家の小見山峻初となる写真集は、彼のルーツが112ページにわたり鋳造されている。
Noriko Wada
11.26.18
News

マーティン・パーがカンヌで撮り下ろしたGucciクルーズコレクション

2つのアイコンが限定版書籍で見事にひとつになった。
Felix Petty
11.21.18
Culture

現代のドラァグシーンが詰まったZINE『オーライ・ダーリン』

ドラァグ界のビッグネームを撮影したグレッグ・ベイリーのZINE『Alright Darling』が発売される。その抜粋ページを独占先行公開。
Greg Bailey
11.21.18
Photography

友達が泣く姿を撮り続けた写真家

ターシャ・タイリーの最新シリーズ『Cry Baby』には、心の傷、それを直視する辛さ、感じて認めるということ、涙、友情という人間の普遍的な感情と行動が捉えられている。
Wendy Syfret
11.21.18
News

森山大道がSaint Laurentとタッグを組んだ写真展「Self」

アンソニー・ヴァカレロのSaint Laurentによる最新プロジェクト。その最初のコントリビューターとして選ばれたのは森山大道だった。
Ryan White
11.15.18
Social Tribes

90sサブカルチャーのゆくえを探る展覧会

スキンヘッド、メタルヘッド、ジャガロに何があったのか?
Benedetta Pini
11.12.18
0329