Music

Music

花ってのは咲くんだよ 荒れ地にも:Lick-G interview

19歳にして『フリースタイルダンジョン』で番組史上2度目となる「制覇」を果たすも、その直後にバトルからの引退を宣言したラッパー、Lick-G。現在20歳となった彼はどこへ向かうのか。
MAKOTO KIKUCHI
6.3.19
Culture

東京発、進化系ジェンダーレスパーティ・fancyHIM のドキュメンタリー映像が公開

斬新で非日常的な空間を作り出す大人のテーマパーク fancyHIM を作り出すクリエイター達にフォーカスしたドキュメンタリー映像が公開に。
i-D Japan
5.30.19
Photography

参加者は毎年2000人のみ? 米国の知られざるフェスティバル〈FORM〉とは

アリゾナ州の実験都市、アーコサンティで開催されるFORM(フォーム)。有名アーティストによるパフォーマンスに留まらず、さまざまな議題についてのワークショップやディスカッションが行なわれる没入型のフェスティバルだ。毎年2000人しか参加できない〈秘境〉を、写真で紹介する。
Nicole DeMarco
5.30.19
Music

新世代のスパイス・ガールズ? 次にくる英国ガールズグループ3組

スパイス・ガールズの時代は終わった。英国ポップの次世代を担うガールズグループは、unperfect、303、そしてFour of Diamondsだ。今大注目の3組に、結成までのエピソードや、彼女たちが考える〈ガールパワー・スローガン〉について語ってもらった。
Michael Cragg
5.29.19
Music

米津玄師の新曲「海の幽霊」MVが公開

『鉄コン筋クリート』で知られるSTUDIO 4℃の新作アニメ映画『海獣の子供』。全国ロードショーに先駆け、米津玄師が歌う主題歌「海の幽霊」のMVが公開された。
MAKOTO KIKUCHI
5.28.19
Music

【interview】ソランジュが語る、地元のジャズバンド、礼拝堂、ブラックネス

内省的でありながらも宇宙を震撼させる、ソランジュの最新アルバム『When I Get Home』。そのはじまりは、前作『A Seat at the Table』のツアーでおぼえた違和感だった。私たちは、故郷ヒューストンでソランジュと会い、14歳から通っていたチャペルや、地元の本屋をめぐりながら言葉を交わした。
Stevona Elem-Rogers
5.27.19
Music

キエフのアングラ音楽シーンの今を伝えるウェブ雑誌〈TIGHT〉

近年、世界から注目を浴びているキエフのアンダーグラウンド・ミュージック。そのシーンの隆盛の鍵となっている音楽メディアが〈TIGHT(タイト)〉だ。新譜のレビューを一切せず、独自のコンテンツを発信する〈TIGHT〉運営者の3人に話をきいた。
Juule Kay
5.27.19
Music

【インタビュー】K-POPに自分だけのジャンルを確立したソンミ

2017年にソロ活動をはじめ、今年3月には最新シングル「Noir」をリリースした元Wonder Girlsのソンミ。軽妙な言葉遊び、愛らしい演技、率直な感情表現で、オーディエンスを魅了してやまない彼女が、自分だけの色を表現することについて語る。
Lavanya Singh
5.23.19
Music

アヴァンギャルド、クィア、レイヴ──ベルリンに渦巻く多様性を『解体新書』がcontactにもたらす

5/24(金)、『解体新書』がテクノヘッズを唸らすベルリンのクィア・パーティHerrensaunaのレジデントMCMLXXXV、実験精神旺盛なインテリジェンスDJのJASSS、LuckyMeから待望の1stアルバムをリリースしたNathan MicayをContactに招集。
Saki yamada
5.22.19
Music

C.Eによる狂乱の一夜が再び。今週末は表参道VENTへ

毎度恒例となっている東京発のファッションブランド、C.Eが手掛けるオールナイトイベントが明日18(土)に南青山のVENTにて開催される。今回も完全無欠の布陣が魅惑の空間を織りなすこと間違いないので、そのスペシャルな世界に飛び込むべし。
i-D Japan
5.17.19
Music

「これからは強い女性がリードする社会になる」歌姫RIRIが語る、ビヨンセの衝撃とコーチェラへの夢

小袋成彬がプロデュースを手がけ、KANDYTOWNのKEIJUと共に参加した新曲「Summertime」が資生堂〈アネッサ〉のCMソングに抜擢されたRIRI。猛スピードで日々成長を遂げている若き歌姫が、自身のセルフケアやビヨンセ『HOMECOMING』、コーチェラ出演の夢を語る。
Shiho Watanabe
5.16.19
Music

私たちのレズビアン・ジーザス:ヘイリー・キヨコ interview

レズビアンの若者のリアルな恋愛や悩みを歌い、ファンから〈レズビアン・ジーザス〉という呼び名で親しまれるヘイリー・キヨコ。世代を代表する新たなポップアイコンは、これからどこへ向かうのだろう。
Frankie Dunn
5.15.19
0246