music interviews

Culture

「望ましさの政治」を超えて:ミッキー・ブランコ interview

ヴィデオや詩、ラップを通した繊細かつ苛烈な表現で世界中にカルト的な人気を博しているミッキー・ブランコ。現在のクィア・シーンにおける最重要アーティストのひとりである彼にインタビューを敢行。SNS上で望ましいと思う人だけをフォローすることの危うさ、自身がつねに芸術に関わる理由、オノ・ヨーコから受けた影響を語る。
Sho Akita
5.1.18
Music

「削るだけではなく、修復できるのもヒップホップ」:THA BLUE HERB ILL-BOSSTINO interview 後編

THA BLUE HERB ILL-BOSSTINOが語るラップバトルや言語について、そして“持たざる者”だったという自身の軌跡について訊いた
shoichi miyake
4.18.18
Music

「削るだけではなく、修復できるのもヒップホップ」:THA BLUE HERB ILL-BOSSTINO interview 前編

日本のヒップホップシーンにおいて、孤高の存在であり続けるTHA BLUE HERB。2017年、20周年を迎えた彼らの最新ライブ映像作品『20YEARS, PASSION & RAIN』のリリースを記念して、ILL-BOSSTINOのインタビューをお届けする。
shoichi miyake
4.17.18
Music

死んでも、音楽を生かすために:the hatch interview

ライブや音源の衝撃が東京を中心に少しずつ全国に飛び火している札幌在住のポストハードコア、オルタナティブバンド、the hatch。彼らがハードコアの文脈を超越している理由を、司令塔であるボーカル&トランペットの山田ミドリの言葉から紐解く。
shoichi miyake
4.16.18
Music

LAガレージロックの新星ピンキー・ピンキー

カリフォルニア発のスリーピースバンド、ピンキー・ピンキー。バンドがひしめくLAで、彼女たちがオリジナルでいられるのはなぜだろう? 3人に話を訊いた。
Alexandra Weiss
4.9.18
Music

飄々と「革命」を歌うTempalayのチャーム

かいじゅうや宇宙人が出てくるMVに、ルール破りの変調、美しい声で歌う少し不思議な歌詞。Tempalayというバンドの不可思議な求心力を紐解く。
Soichi Miyake
1.24.18
Music

「自分のことが無意味に気に入ってる」:『RUN!!!』のん インタビュー

「今は決定権が全部自分自身にあるので、大変だし面倒なことはいっぱいあるし、責任も重くなってるけど、自分にはあってるかなって思います」
Michiyo Nishimori
1.23.18
Music

Young Juvenile Youth×WEIRDCOREインタビュー:「七変化してもゆう姫はゆう姫」

初のフルアルバム「mirror」をリリースしたYJYと、収録曲「Slapback」のMVを手がけたAphex Twinのビジュアル・コラボレーター、WEIRDCOREとの対談が実現!
SHIHO NAKAMURA
12.21.17
Music

踊Foot Works:放とう、2020年型のポップミュージックを

完全独自の音楽性を追求するヒップホップバンド、踊Foot Works。謎多き期待の新星にタレント・モデルの三原勇希がインタビューした。
Yuuki Mihara
11.21.17
Music

Track-by-Track :カシミア・キャット『9』

ムー、アリアナ・グランデ、セレーナ・ゴメス、ザ・ウィークエンドなど豪華なアーティストとコラボレーションした最新アルバムをリリースしたカシミア・キャット。彼が死について話すジェネイ・アイコや、SOPHIEがツリーハウスの中に作ったスタジオ、そしてケイシー・ヒルが愛犬を書いた曲について語ってくれた。
Frankie Dunn
11.16.17
Music

HARUHI インタビュー:「完璧って好きじゃないから」

映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌「ひずみ」で彗星の如くシーンに現れ、一躍注目を浴びたシンガーソングライター HARUHI。世界水準の歌唱力と豊かな表現力で瞬く間にリスナーを魅了し、18歳とは思えない秘めたる可能性、そして駿才の片鱗をのぞかせた。
Sahoko Yamazaki
10.26.17
Music

ニュージーランドの宅録女子:Fazerdaze初来日インタビュー

2017年ニュージーランドの老舗レーベル<Flying Nun Records>からデビューを果たし、10月11〜12日に日本で初来日ライブを開催したFazerdaze。今回、初来日した彼女にi-D Japanはニュージーランドや日本、彼女の周りの音楽シーンについて訊いた。
Milo Oyamada
10.25.17