Music

Music

孤高のラッパー、5lackが見つめる次なるランドスケープ。 interview〈後編〉

先日配信と数量限定のCDによってリリースされた新作『この景色も越へて』や自身初のドネーションソング『きみのみらいのための』を発表したラッパーの5lack。2013年に福岡へ拠点を移して以降、より一層俯瞰した視点で音楽制作の活動に没頭し、自身の表現に対してストイックなまでに追求していく彼がここ数年明かすことのなかった自身のクリエイションについて語る。
Yuho Nomura
3 days ago
Music

ロシアのクィア・ミュージック・シーンを牽引する新世代アーティストたち

80sインスパイアなドリーミーポップから汗まみれのベースメントレイヴまで、ロシアのLGBT+ミュージック/ナイトライフシーンは、この国に暮らす若者のイメージを変えつつある。
Anastasiia Fedorova
5.29.20
News

gummyboyが、総勢20名以上のクリエイターとつくりあげた新MV「Bros Fire」をドロップ

Mall Boyzとしてもソロアーティストとしても、国内外から注目を集めるラッパー、gummyboyが新MV「Bros Fire」を公開。
i-D Japan
5.28.20
Music

孤高のラッパー、5lackが見つめる次なるランドスケープ。interview〈前編〉

先日配信と数量限定のCDによってリリースされた新作「この景色も越へて」や自身初のドネーションソング「きみのみらいのための」を発表したラッパーの5lack。2013年に福岡へ拠点を移して以降、より一層俯瞰した視点で音楽制作の活動に没頭し、自身の表現に対してストイックなまでに追求していく彼がここ数年明かすことのなかった自身のクリエイションについて語る。
Yuho Nomura
5.28.20
Music

プッシー・ライオットに学ぶ、隔離生活5つの秘訣

ロシアの収容所で孤独な2年間を過ごしたプッシー・ライオットのナージャ。孤独な時間との付き合い方を熟知した彼女に、そのコツを教えてもらった。
Sogo Hiraiwa
5.27.20
Music

共犯への誘惑:Dos Monos interview

LAの名門レーベル〈Deathbomb Arc〉との契約から、台湾IT担当大臣オードリー・タンとのコラボまで──常に話題が絶えないヒップホップ・ユニットDos Monos。彼らとの自由闊達な対話は、現代のメディア環境に始まり、いつしか作品論へ。
Fumihisa Miyata
5.27.20
Music

SEVENTEENが振り返る、デビューからの5年間と重要なシングル5曲

デビュー5周年になるSEVENTEENのメンバーたちが、彼らの音楽活動を象徴する作品について解説。
Taylor Glasby
5.26.20
Music

Gliiicoについて知っておくべき10のこと

バンクーバー出身、現在は東京を拠点に活動している3兄弟バンド〈Gliiico〉。バンド名の由来から彼らのデビューシングル「Around」の制作秘話まで一気に聞いた。
MAKOTO KIKUCHI
5.25.20
Music

「私はフェイクでも、キャラクターでもない」ミーガン・ジー・スタリオン interview

テキサス生まれの今最もホットなラッパーを、俳優/脚本家のジェレミー・O・ハリスが直撃。英i-D “The Get Up Stand Up Issue”に掲載されたインタビューを公開。
Frankie Dunn
Jeremy O. Harris
5.25.20
Music

PORINについて知っておくべき10のこと

新たなシティポップを発信する4人編成バンド、Awesome City Club。そのフロントマンを務めるPORINにインタビュー。トレードマークのブルーヘアから最新アルバム『Grow Apart』まで、幅広く語る。
MAKOTO KIKUCHI
5.23.20
Music

「ラップをする意味が変わった」 モーメント・ジューンが見せた掌:Moment Joon interview

2020年の最重要ヒップホップ作品と名高い『Passport & Garcon』を発表したモーメント・ジューン。この複雑な構造をもつアルバムへと至る道のりには、ラッパーMoment Joonと臆病な青年キム・ボムジュンとの終わりなき対話があった。
Takuya Wada
5.22.20
Music

MIRRRORについて知っておくべき10のこと

2018年に東京で結成され、その翌年にはFUJI ROCK FESTIVALに出演した注目のヒップホップ・ユニット〈MIRRROR〉。アメリカ西海岸で育ったMeiとTakumiが東京で出会ったときのこと、音楽のインスピレーション、そして二人の強い信頼関係についてを語ってもらった。
MAKOTO KIKUCHI
5.22.20
0154