Moonlight

News

「見逃した映画特集 2017」渋谷・アップリンクで開催

渋谷・UPLINKで2017年12月23日から2018年1月26日まで特集企画「見逃した映画特集2017」が開催される。『ムーン・ライト』や『タレンタイム』など47作品が上映。
Tatsuki Nakata
12.21.17
News

『ムーンライト』のバリー・ジェンキンスがGrizzly Bearのリミックスアルバムを発表

『ムーンライト』でも使われた“チョップド&スクリュード”の手法は健在だった。
André-Naquian Wheeler
11.7.17
News

『ムーンライト』を讃え、マイアミが通りを改名

マイアミ・デイド郡は、映画の成功だけでなく、作品が「十分な公的サービスを受けられていない地域や複雑な家庭環境に育った学生たちに、叶えられる幸せのかたちを示した」としてその貢献を讃え、ある通りを“ムーンライト・ウェイ”と改名した。
Wendy Syfret
5.19.17
Film

映画・テレビ業界に求められる「多様性」

「テレビや映画を観ても、そこに自分を投影できるキャラクターがいない」。非白人の視聴者・観客が共感できる作品を作るために、エンタメ業界は、いま大きな意識改革を迫られている。
Amrou Al-Kadhi
4.10.17
Film

バリー・ジェンキンス監督が語る『ムーンライト』

『ムーンライト』の監督バリー・ジェンキンスが、原作との出会い、映画化するまでの葛藤を語った。「こんなに感動した作品から手を引いたらただの臆病者だなと思った」
Joseph Walsh
4.7.17
diversity

アカデミー賞は社会を反映できているか?

世界の各界授賞式は、これまで長きにわたり、有色人種アーティストの功績を無視しつづけてきた。『ムーンライト』がアカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した今、授賞式が正しい選考をすることの重要性が浮き彫りになった。
Lynette Nylander
3.31.17
Film

黒人とクィア:『ムーンライト』は何が革新的なのか?

黒人のゲイである少年の成長を描いた『ムーンライト』は、ブラック・シネマにとっても、LGBT映画にとっても大きな転機となる作品だ。その衝撃と重要性は、決して過小評価されてはならない。
Colin Crummy
3.1.17
Film

2017年 第89回アカデミー賞の全候補発表

『ラ・ラ・ランド』が14部門ノミネートで最多——『ムーンライト』と『メッセージ』は8部門ノミネート! 去年、ノミネートされた俳優がすべて白人だということで「#OscarsSoWhite(白人至上主義ハリウッド)」と批判を浴びたアカデミー賞だが、今年は多様性に富んだラインナップとなった。
i-D Staff
1.27.17