The VICEChannels

      momo nonaka

      野中モモ評:『20センチュリー・ウーマン』 野中モモ評:『20センチュリー・ウーマン』 野中モモ評:『20センチュリー・ウーマン』

      前作『人生はビギナーズ』で、ゲイであることをカミングアウトした自身の父親を描いたマイク・ミルズ。彼が最新作で扱ったのは母親だった。アネット・ベニング、グレタ・ガーヴィグ、エル・ファニングが演じる、世代の異なる3人の「20世紀の女たち」を描いた本作を翻訳家・ライターの野中モモがレビュー。