Mario Sorrenti

Fashion

ティーンの反逆:カイア・ガーバーが彩る本国i-D最新号“The New Fashion Rebels Issue”

英i-Dの最新号“The New Fashion Rebels”号は、面白い未来、新しい世界を創る若者たちに捧げられている。まずマリオ・ソレンティが撮りおろした、カイア・ガーバーと次世代のスターたちに注目しよう。
i-D Staff
4.16.18
i-d japan magazine

i-D Japan no.1 ~no.4の表紙まとめ

i-D Japan no.5の発売を記念して、no.1 ~no.4のカバーストーリーを振り返る。
i-D Japan
3.29.18
The Radical Issue

「Kawaii」から始まるCOMME des GARÇONSの新たな革命

川久保玲による新たな革命を、英i-D最新号『The Radical Issue』のためにマリオ・ソレンティが撮りおろした。
i-D Team
2.8.18
Fashion

広告ビジュアルの極意:カルヴァン・クライン インタビュー

40年間にわたるCalvin Kleinの広告ビジュアルが一冊(450ページ)にまとまった。写真を選び、編集したのはカルヴァン・クライン本人。このビジュアルづくりの名手に、リチャード・アヴェドンとの撮影や名作の誕生秘話をきいた。
Felix Petty
12.6.17
the sounding off issue

そして神はトミーを創りたもうた:エッセイ&リリック

バンクーバー出身のラッパー トミー・ジェネシスが自らのアイデンティティとセクシュアリティについて語る。さらにi-Dのために彼女が書き下ろした最新のリリック「A Free Freestyle for Anyone to Perform」を公開。
Tommy Genesis
11.7.17
Fashion

アンソニー・ヴァカレロによるサンローラン、第1章

2016年、Saint Laurentのクリエイティブ・ディレクターに就任したアンソニー・ヴァカレロ。そのプレッシャーは生半可なものではなかったはずだ。しかし、ヴァカレロは「我が道をいく」と決めた——「誰がなんと言おうと、いまは僕がSaint Laurentのデザイナーだ」と。
Anders Christian Madsen
4.28.17
Fashion

リック・オウエンスが語る彼のブランドの新時代

ここ数年間夏を過ごすヴェネチアで、リック・オウェンスは生と死について考え、自らの人生を解釈すると共に、数々の作品を世に送り出してきた自身のブランドの次の時代についてじっくりと考えるのだと言う。原点を振り返った今シーズン、ブランド史上最も痛烈だったといえるコレクションについて、彼のヴェネチアの家で話を聞いた。
Anders Christian Madsen
11.25.16
fashio

MODERN LOVE:ファッションは愛だ

いま世界のトップモデルの階段をかけのぼる萬波ユカを、ファッションフォトグラファーの鬼才マリオ・ソレンティが撮り下ろした。ニューヨークで撮影されたi-D JAPAN NO.2のカバーストーリーをご覧あれ。
i-D Staff
10.28.16
Fashion

『i-D Japan NO.2』マガジン発売

『i-D Japan NO.2』が10月13日(木)に発売します。
i-D Staff
10.8.16
Fashion

マリオ・ソレンティの娘が写真家デビュー

写真家マリオ・ソレンティの愛娘、15歳のグレイ・ソレンティが雑誌『Moodboard』創刊号のエディトリアルで、地元ニューヨークの友達を撮影したシリーズを寄稿し、写真家デビューを果たした。彼女にプロジェクトの始まった経緯、そしてそのコンセプトを訊いた。
Charlotte Gush
9.14.16
Fashion

stay punk

退廃的なビル街やグラフィティーで覆われた壁の間でとらえたマリオ・ソレンティのテクノロジカルな夢の世界。気分屋のモデルたちが髪をたて、スプレー缶を掴み、巻き込む!若き君、パンクでいることを忘れずに。
i-D Staff
4.13.16