Magazine

The in real life issue

ビリー・アイリッシュ × ストームジー スペシャル対談

ポップ界を牽引するふたりのアーティストが、成功と失敗、ビリーの最新作『Happier Than Ever』について存分に語り合う。
Douglas Greenwood
9.16.21
The New Worldwi-De Issue

サッカー少年からスター選手へ──フィル・フォーデン interview

マンチェスター・シティFCのスターが、自らの華々しい成長を振り返る。
Jacob Davey
6.30.21
The New Worldwi-De Issue

THE ROWのデザイナー、メアリー=ケイト・オルセン、アシュリー・オルセン姉妹 interview

THE ROW 15周年を記念して、ふたりのデザイナーがこの絶大な影響力を誇るブランドの歴史を振り返る。 創立15周年を記念して、ふたりのデザイナーとTHE ROWを愛してやまないモデルやアーティストが、この絶大な影響力を誇るブランドの軌跡を振り返る。
Osman Ahmed
6.25.21
The New Worldwi-De Issue

「アラブの遺産のために立ち上がるには、自分は〈白人すぎる〉気がした」ジジ・ハディッド interview

妊娠と愛娘カイの子育てについて、そしてふたつの文化を橋渡しする存在になるとはどういうことか、スーパーモデルのジジ・hディッドが率直に打ち明ける。
Osman Ahmed
6.17.21
Culture

インディペンデントマガジン<IWAKAN>のエディター、Kotetsuに聞いた『違和感』を発信することで伝えたいこと

クリエティブな形で多様なクィアカルチャーやジェンダー規範に対する違和感を発信するマガジン<IWAKAN>はこの世の当たり前に一石を投じる。同マガジンのエディターの一人であるKotetsuに聞いた『違和感』を発信することで伝えたいこと。
Kazuki Chito
5.25.21
The Utopia in Dystopia Issue

ラフ・シモンズ × ウィリー・ヴァンデルペール × オリヴィエ・リッツォが語る、青春時代と永遠のユース・スピリット

Pradaのデザイナー、フォトグラファー、スタイリストの3人が、90年代のパンクからミウッチャとの仕事まで、長きにわたるコラボレーションについて語り合う。
Osman Ahmed
3.17.21
The Utopia in Dystopia Issue

「殺されたのは私たちだったかも」活動家のジャナヤ・フューチャーとカーンとタミカ・マロリーが語る、議事堂襲撃事件と米国のゆくえ

今年1月6日、ジョージア州の決選投票で民主党が議席を奪還し、同州史上初の黒人議員が誕生したこの記念すべき日に、連邦議会の議事堂をトランプ支持者が占拠するという前代未聞の事件が起きた。当日に行われたアクティビスト2名の対談を公開。
Jenna Mahale
3.16.21
The Utopia in Dystopia Issue

「自分は自分、今はそれに満足してる」ル・ハン インタビュー

中国を代表するスターが明かす、自身のブランド〈Un Garcon Charmant〉の裏話、俳優としての新たな挑戦、名声の負の側面との向き合い方。
Taylor Glasby
3.4.21
The Utopia in Dystopia Issue

「私と同じ肌の色のクリエイティブな若者と撮影できたことが誇らしい」ナオミ・キャンベル、インタビュー

長年ファッション業界を牽引してきたスーパーモデル/アクティビストが、ケニアの自宅で行われた本誌の撮影、2021年の展望について語る。
Naomi Campbell
3.2.21
The Utopia in Dystopia Issue

トラヴィス・スコットが語る、コラボレーションから父親としての責任、待望のニューアルバムまで

メディア露出が少ないことで知られるトラヴィスに、友人で映画監督のロバート・ロドリゲスがインタビュー。メキシコでレコーディング中だという最新アルバム『Utopia』からコラボレーション、愛娘との時間まで、存分に話を聞いた。   
Danil Boparai
3.1.21
The 40th Anniversary Issue

「何かをゼロから築き上げてこそ、自分の本領を発揮できる」ケンドリック・ラマー × ベイビー・キーム スペシャル対談 

i-D40周年記念号の刊行によせて、ケンドリック・ラマーが20歳の愛弟子であり従兄弟でもある、ベイビー・キームにインタビュー。多分野で活躍するラップ界のレジェンドが、世界が注目する新進気鋭のアーティストに、ビジネス、家族を養うこと、新会社〈pgLang〉について話を聞いた。
i-D Staff
11.9.20
News

男女二元論に“違和感”を問いかけるクィア雑誌『IWAKAN』創刊

世の中の当たり前に“違和感”を問いかける。REINGが雑誌『IWAKAN』を創刊、第一号のテーマは「女男」。既存のジェンダー観に違和を感じるミュージシャン、ポルノディーバ、活動家らと共に共創した。
i-D Japan
10.12.20
0107