Interview

Fashion

「社会の可能性を表現する責任がある」ヴァージル・アブローが語る、ルイヴィトンと創作哲学

ヴァージル・アブローのLouis Vuittonデビューコレクションは、ここ数十年のファッションシーンにおいて最も重要で刺激的な瞬間だった。私たちはストリートウェアがハイファッションの頂点に登りつめるのを目の当たりにした。ヴァージルは軽やかに証明してみせたのだ——熱心に取り組めば、夢は現実になると。
Osman Ahmed
17 hours ago
Culture

元祖セルフィー女王、ケイト・ハーディーが語る『Outfitumentary』

自身のコーディネートを10年間記録し続けたケイト・ハーディー(K8 Hardy)が、2001年にセルフィーを始めた理由を語る。
Alice Hines
4.2.19
Film

ジョナ・ヒル『Mid90s』出演のスケーター俳優、サニー・ソリヤック

地元LAのスケートパークで、ジョナ・ヒルにスカウトされた13歳の俳優サニー・ソリヤック。すでに“スケート歴10年”の彼が、監督との出会いやスケートを楽しむ真髄、撮影中のエピソードを語り尽くす。
Brittany Natale
12.20.18
Culture

シュプリームの最新映画『Blessed』:ウィリアム・ストローベック監督 interview

ビルが制作に約3年を費やした最高傑作の裏話を明かす。
Felix Petty
12.17.18
Fashion

ヴァージル・アブローはアート界も制圧してしまうのか?

「3年前、私はファッション業界で〈招かれざる人間〉だった。今は私を見ればみんな、『あ、有名ファッションデザイナーのヴァージルだ』って反応ですけど」
Felix Petty
12.7.18
Fashion

「男の子より女の子の方が好きなだけ」:クロエ・セヴィニー interview

X-girlとその最初期から関わりの深いクロエ・セヴィニーがコラボし、ブランドが誕生した1994年へのオマージュを表現したコレクション「Chloë Sevigny for X-girl」。なぜいまX-girlが再び注目されるようになってきているのか? クロエがX-girlの革命性、若い女性クリエイターを支援する理由、アラーキー、#MeTooを語る。
Nakako Hayashi
10.4.18
Music

エリアン・トゥルヴェ:感情のおもむくままに

ジェイミー・ホークスワースの被写体を務めたこともある、エリアン・トゥルヴェ。エストニア出身のバンド、ホーリー・モーターズのボーカルを務めながらモデルとしても活動する彼女に、音楽とファッションの質問を投げかけた。
Ayana Takeuchi
8.17.18
Interview

kemio(けみお):SNSで全てをさらけ出したシンデレラボーイ

ケミオ語「どこまでいっても渋谷は日本の東京」「泣いた〜」「あげみ」は、新たな”共通語”として幅広い層に普及している。YouTubeで78万人ものフォロワーを抱えるkemio(けみお)に今までのこと、SNSとの付き合い方について話を訊いた。
YOSHIKO KURATA
5.31.18
Music

ハインズ:ロックの未来を担うオール・フィメール・バンド

セカンドアルバム『I Don't Run』をリリースし、ヨーロッパツアーを間近に控えているハインズ。このスペインのバンドでヴォーカルとギターを務めるアナ・ガルシア・ペローテにインタビューを行なった。
Ariana Marsh
5.7.18
Photography

音が生まれるとき、写真が生まれる:山谷佑介 interview 後編

山谷佑介の実験的な最新作「The Doors」について山谷が語る。ドラムを叩くとカメラのシャッターが切れる構造や今作のタイトル、ドラムパフォーマンスについて聞いた。
Tomo Kosuga
5.2.18
Culture

「望ましさの政治」を超えて:ミッキー・ブランコ interview

ヴィデオや詩、ラップを通した繊細かつ苛烈な表現で世界中にカルト的な人気を博しているミッキー・ブランコ。現在のクィア・シーンにおける最重要アーティストのひとりである彼にインタビューを敢行。SNS上で望ましいと思う人だけをフォローすることの危うさ、自身がつねに芸術に関わる理由、オノ・ヨーコから受けた影響を語る。
Sho Akita
5.1.18
Photography

音が生まれるとき、写真が生まれる:山谷佑介 interview 前編

実験的な写真作品を手がけてきた山谷佑介の最新作「The Doors」は、ライブフォトパフォーマンスによって写されるセルフ・ポートレートだ。ドラムと連動した撮影システムを起用したという前代未聞の最新作について山谷が語る。
Tomo Kosuga
4.27.18
0109