Film

Film

『ファントム・スレッド』の衣装に縫われた秘密

この映画のドレスにはイギリス服飾史の伝統が詰まっている。
Alice Newell-Hanson
6.1.18
Film

『ルイ14世の死』:アルベール・セラ監督インタビュー 後篇

死にゆく“太陽王”の姿を医学的に描いた『ルイ14世の死』で大きな話題を呼んでいる異才アルベール・セラ。「21世紀の前衛」とも称される彼がこの映画で試みた挑戦とは? 後篇は役者の演出術、衣装論、セラ映画の不規則なリズムについて。
Shinsuke Ohdera
5.30.18
Film

『ルイ14世の死』:アルベール・セラ監督インタビュー 前篇

死にゆく“太陽王”の姿を医学的に描いた『ルイ14世の死』で大きな話題を呼んでいる異才アルベール・セラ。「21世紀の前衛」とも称される彼がこの映画で試みた挑戦とは? 前篇は、セラの撮影システム、クリシェを排除した描写、頬の痙攣について。
Shinsuke Ohdera
5.29.18
Film

ウェス・アンダーソンのこだわり:『犬ヶ島』評

黒澤明へのオマージュ、細かすぎる細部へのこだわり——ウェス・アンダーソンが近未来の日本を舞台にした最新作『犬ヶ島』へ注いだ情熱はどこからやってくるのか? 翻訳家の三辺律子がレビュー。
Ritsuko Sambe
5.28.18
Film

『ビューティフル・デイ』:リン・ラムジー監督 インタビュー

音楽はレディオ・ヘッドのジョニー・グリーンウッドが担当——衝撃の展開で、カンヌを騒然とさせた話題作『ビューティフル・デイ』。「この映画を主人公が乗り込んできて少女を救ったというものには絶対にしたくなかった」と語る英国の鬼才監督が本作に込めた思いとは?
Shinsuke Ohdera
5.28.18
Film

建築を生きる:映像作家 ベカ&ルモワンヌ interview

MoMAにもその作品が所蔵されている彼らはしかし、インディペンデント精神の塊だった。二人が建築を映像で撮る理由とは? 建築を語る新たな手法を切り開いたベカ&ルモワンヌにインタビューを行なった。
Haruka Inagaki
5.24.18
Film

映画の平行線 第2回:『ファントム・スレッド』『心と体と』

映画にまつわる新連載。映画ライターの月永理絵と文筆家の五所純子が、毎月公開される新作映画を交互に語り合っていきます。今回はポール・トーマス・アンダーソン監督が、天才クチュリエとミューズの危うい関係を描いた話題作『ファントム・スレッド』。
Junko Gosho
5.24.18
Film

『君の名前で僕を呼んで』にまつわる5つのトリビア

DVDに収録されたティモシー・シャラメによる2時間に及ぶ解説から、今まで語られることのなかった本作の裏話を紹介。
Salvatore Maicki
5.11.18
Film

『私はあなたのニグロではない』映画評

差別はどのようにして生まれるのか? 60年代公民権運動の論理的支柱となった作家ジェームズ・ボールドウィンやマルコムX、キング牧師らの声が、いま鮮やかによみがえる。トランプ政権下のアメリカで異例のヒットを記録した本ドキュメンタリーを翻訳家の三辺律子がレビュー。
Ritsuko Sambe
5.10.18
Film

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』映画評

全編iPhone撮影の『タンジェリン』話題をさらったショーン・ベイカーの最新作は、ディズニー・リゾートの近郊のモーテルを舞台にした夏物語。“夢の国”のすぐ隣、社会の片隅で暮らす人びとに寄り添った本作を、常川拓也がレビュー。
Takuya Tsunekawa
5.10.18
Culture

試写会では失神騒ぎ! スリラー映画『リベンジ』 予告編

男性目線を振り落とした、血まみれのスリラーの予告編が公開。
Matthew Whitehouse
5.10.18
Film

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』:リューベン・オストルンド監督 インタビュー

現代美術をとりまく状況、そこに関わる人々の本質を浮き彫りにしてみせた話題作『ザ・スクエア』。現代美術という聖域を与えられたとき、人はどのような行動をとるのか? カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した本作の監督が、アート界の怠慢、フォトショップのもつ可能性、映画製作の参考にしているYouTube動画を語る。
Nakako Hayashi
5.9.18