Film

Film

『REVENGE リベンジ』映画評

映画祭で気絶者が続出した問題作『REVENGE リベンジ』。フランスの新鋭監督コラリー・ファルジャによる長編デビュー作を映画ライターの常川拓也がレビュー。
Takuya Tsunekawa
7.11.18
Film

『グッバイ・ゴダール!』:ステイシー・マーティン interview

ラース・フォン・トリアー『ニンフォマニアック』で鮮烈なデビューを飾り、新作『グッバイ・ゴダール!』で伝説の女優アンヌ・ヴィアゼムスキー役を演じた女優ステイシー・マーティン。つねに刺激的な作品への出演を続ける彼女が語る、映画作り、そしてアーティストたちへの真摯な思いとは?
RIE TSUKINAGA
7.10.18
News

ティモシー・シャラメ主演『ビューティフル・ボーイ』最初の予告篇公開

ティッシュをお忘れなく。
André-Naquian Wheeler
7.9.18
News

20世紀芸術に恋をした大富豪、ペギー・グッゲンハイムの人生を描いたドキュメンタリーが公開

たったひとりで20世紀を代表するアートコレクションを築いた伝説のパトロネス、ペギー・グッゲンハイムのドキュメンタリー映画が公開される。
Daiki Tajiri
7.5.18
Film

『TECHNOLOGY』:遠藤麻衣子×トリスタン・レジナート対談

先月のレイトショー上映が好評を博した、遠藤麻衣子監督による映画『KUICHISAN』と『TECHNOLOGY』が6月30日から再上映決定! それを記念し、『TECHNOLOGY』に出演しているトリスタン・レジナートと遠藤麻衣子による対談を公開。
Sogo Hiraiwa
6.27.18
News

永遠のファッション・アイコンを追ったドキュメンタリーの傑作『グレイ・ガーデンズ』が一日限定上映

マーク・ジェイコブスやタヴィ・ゲヴィンソンがその影響を公言。1960年代にはじまるドキュメンタリー映画の潮流「ダイレクト・シネマ」の代表的映画監督、メイズルス兄弟による『グレイ・ガーデンズ』&『グレイ・ガーデンズ ふたりのイディ』が一夜限りの上映。
Daiki Tajiri
6.22.18
Film

『母という名の女』:ミシェル・フランコ監督 interview

『或る終焉』の結末で世界を騒然とさせたミシェル・フランコ。メキシコ次世代の俊英監督が最新作で挑んだのは、“母親”をひとりの女性として描くことだった——。「コミュニケーションの難しさ、それから悲劇的な人間関係の壊れ方に興味があったのです」
Takuya Tsunekawa
6.14.18
Film

映画の平行線 第3回:『それから』『夜の浜辺でひとり』

映画にまつわる本連載。映画ライターの月永理絵と文筆家の五所純子が、毎月公開される新作映画を交互に語り合っていきます。今回は、4作が一挙に公開されるホン・サンス監督の映画とロマンチック・ラブ・イデオロギーについて。
RIE TSUKINAGA
6.13.18
Film

『レディ・バード』映画評

グレタ・ガーウィグの監督第一作目にして、すでに話題沸騰の映画『レディ・バード』。都会を夢みる地方出身者の心情や、母と娘の機微を描いた本作を翻訳家でライターの野中モモがレビュー。
Momo Nonaka
6.12.18
Film

岸井ゆきのが24歳で迎えたポジティブな変化

映画・ドラマ・舞台にとさまざまな演出家から引く手あまたの新進女優、岸井ゆきの。結果的に仕事にもプラスになったという、プライベートでの大きな変化とは?
Takako Sunaga
6.11.18
Film

『ザ・ビッグハウス』:想田和弘監督インタビュー

その町に暮らす10万人を丸ごと収容できる超巨大スタジアム、通称“ザ・ビッグハウス”。ここにはアメリカが誇る文化と抱える問題が、すっぽり集約されていた──。想田和弘は、ミシガン州の小さな町でなにを見たのか? 17名の共同監督らと共に観察するなかで浮かび上がってきた“アメリカ”とは?
Takuya Tsunekawa
6.7.18
Culture

『クライマックス』:ギャスパー・ノエ監督 インタビュー

カンヌでの最終上映会を終え、夜通しパーティに出かけた翌日、彼に話を聞いた。
Douglas Greenwood
6.5.18