Film

Film

『パラサイト』ポン・ジュノが選ぶ、2020年代に注目すべき10人の映画監督

『パラサイト』でオスカー4冠を達成したポン・ジュノ監督が、これから20年先の映画業界を牽引する、と期待を寄せる若手監督を選出。『幸福なラザロ』のアリーチェ・ロルヴァケルから『寝ても覚めても』の濱口竜介まで。
i-D Staff
2.28.20
Culture

なんでこんなに心地良いのかよ?! 世界が垂涎するアニメ飯の紹介インスタ〈アニメ・フーディ〉

そう、それは飯テロの向こう側。アニメフードだけを集めて、世界中に癒しをもたらしているInstagramアカウント〈@anime.foodi〉。その管理人である20歳の大学生、クリスティーナに直撃インタビュー。
Mitch Parker
2.26.20
Film

A24製作のおすすめ映画24選:テン年代を制した映画スタジオのこれまで

数々の話題作を世に送り出している気鋭の映画製作スタジオA24。知らないうちに観ている作品もあるかも? 『ムーンライト』『ロブスター』『20センチュリー・ウーマン』『レディ・バード』『ヘレディタリー/継承』『スプリング・ブレイカーズ』などなど。
Douglas Greenwood
Iana Murray
2.21.20
Film

【完全版】『ミッドサマー』アリ・アスター監督が語る、韓国映画への嫉妬と期待の裏切り方

​現代ホラーの傑作『ヘレディタリー/継承』で世界を震撼させたアメリカ屈指の若手監督アリ・アスターによる新作『ミッドサマー』が公開。「映画オタク」を自称する監督が、韓国映画に対する愛と嫉妬、ホラー映画の作法、劇中に散りばめられた細部について語る。※ネタバレあり完全版・3/26更新※
Takuya Tsunekawa
2.20.20
News

ダムタイプ・高谷史郎の初ドキュメンタリー映画『DUMB TYPE 高谷史郎-​自然とテクノロジーのはざま』が2月29日に公開

坂本龍一、長谷川祐子、サイモン・フィッシャー・ターナーへのインタビューからアーティスト・高谷史郎に迫るドキュメンタリー『DUMB TYPE 高谷史郎-​自然とテクノロジーのはざま』が2月29日(土)に渋谷・ユーロスペースで公開される。
i-D Japan
2.17.20
Film

「ロマンス」を極めるための映画7選 大島渚からグザヴィエ・ドランまで

倒錯した愛を描いた大島渚の『愛のコリーダ』からデヴィッド・リンチの『ワイルド・アット・ハート』まで、i-Dが厳選した7本を紹介。バレンタインデーからホワイトデーにかけて「ロマンス」を極めよう。
Kristen Yoonsoo Kim
2.14.20
Film

異才カワイオカムラの最新作『ムード・ホール』 MAMCO賞受賞作が日本で上映

川合匠と岡村寛生による二人組監督、カワイオカムラの『ムード・ホール』が前作『コロンボス』と併せて2月14日(金)から上映決定。音楽は、気鋭の音楽家・原摩利彦とPolar Mが担当している。
Sogo Hiraiwa
2.14.20
Film

監督はラッパー ガーナの現代映画『コジョーの埋葬』が限定上映

ガーナ映画として歴史的快挙を遂げた、ブリッツ・バザウレ監督のデビュー長編『コジョーの埋葬』が3月に東京・京都で上映される。
i-D Japan
2.13.20
Film

『ハスラーズ』ローリーン・スカファリア監督interview「女性の師弟関係を描きたかった」

ストリッパーたちがウォール街で働く商社マンから大金をせしめた詐欺事件を元にした映画『ハスラーズ』。ローリーン・スカファリア監督が、カーディ・Bやリゾを起用した理由、拝金主義の有害さ、パートナーでもあるボー・バーナム監督について語った。
Takuya Tsunekawa
2.5.20
News

『本当に僕じゃない!』『エクスプローディング・ガール』特集上映二本立て

「はみ出し者」映画の特集上映イベントの第7弾! ケベック産児童映画『本当に僕じゃない!』とゾーイ・カザン初主演作『エクスプローディング・ガール』が一日限定で上映。1月26日(日)渋谷ユーロライブにて開催。
Takuya Tsunekawa
1.23.20
Film

黒人ゲイ男性たちを写した実験ドキュメンタリー『タンズ・アンタイド』は何が革新的だったのか?

昨年公開30周年を迎えた、米映像作家マーロン・リグスの『Tongues Untied/タンズ・アンタイド』は現在世界中で再評価や特別上映が進んでいる。本作は何が画期的だったのか? 『ムーンライト』の先駆けともなった歴史的重要作の試みとは。
Jun Fukushima
1.10.20
Film

『チーム・ハリケーン』2年後:出演者たちが振り返る、デンマークの実験パンク映画

デンマークの気鋭監督アニカ・ベウによる、実験的なパンク映画『チーム・ハリケーン』が東京で再上映される。出演していた演技経験のない少女8人は、今どうしているのか? 本作が彼女たちの人生に与えた影響を本人たちにきいた。
i-D Japan
12.29.19
0134