Features

Music

ケンドリック・ラマーのピューリッツァー賞受賞によって何が変わるか?

これにより、黒人アーティストを特定のカテゴリに閉じ込める風潮も終わりを迎えるだろうか?
Candice Carty-Williams
5.15.18
Music

なぜUKのラップシーンは世界をリードしているのか?

i-D UK最新号『New Fashion Rebels』号のカバーストーリーに出演したUKを拠点に活動する4人のラッパーたちがそれぞれのルーツ、世界観、野望を語る。
Hattie Collins
Matthew Whitehouse
5.14.18
Music

革命前夜:SZAによるロング・モノローグ

傑作アルバム『CTRL』を世に送り出した今、彼女のエネルギーは未来へと注がれている。私たちの依頼にこたえ、彼女自身の言葉で、現代を語り尽くした。
Ryan White
5.9.18
Music

ハインズ:ロックの未来を担うオール・フィメール・バンド

セカンドアルバム『I Don't Run』をリリースし、ヨーロッパツアーを間近に控えているハインズ。このスペインのバンドでヴォーカルとギターを務めるアナ・ガルシア・ペローテにインタビューを行なった。
Ariana Marsh
5.7.18
The Radical Issue

土屋麗インタビュー:国境を越えて

もっとも野生的でもっとも超現実的なセラミックアーティスト、土屋麗。
Ryan White
5.1.18
THE ORIGINAL ISSUE

TAWINGSインタビュー:ガールズバンドの新しい夜明け

2016年夏に結成した女性4人組バンド、TAWINGS。ローファイなポストパンクサウンドで注目を集める彼女たちの音楽性と精神性に迫る。
shoichi miyake
4.27.18
THE ORIGINAL ISSUE

ストレートアップス:オリジナルなわたしたち

ひとは誰でも唯一無二、とびっきりオリジナルな存在だ。だからこそ「なぜ?」と問われるとき、その答えはひとりひとりの物語と深く関わっている。ここで語られるのは、多様な起源をもつひとびとが集うニューヨークという街で、自分らしくいることを恐れない若者たちの姿だ。
i-D Japan
4.27.18
THE ORIGINAL ISSUE

When We Are Young:仰げば青空

想像力と希望がある限り、そこには青空がひろがっている。
i-D Japan
4.26.18
THE ORIGINAL ISSUE

いつか、街を歩いていたら:最果タヒ interview

第一詩集『グッドモーニング』による鮮烈なデビュー以来、現代を生きる私たちの言葉に寄り添ってきた詩人・最果タヒ。創造性に溢れた詩や小説の制作にとどまらず、近作『千年後の百人一首』では美術家・清川あさみと共に千年前の感情の翻訳を試みるなど、ますますその活動の幅を広げている。言葉を巡る思考の軌跡や彼女が夢見る詩の未来について、話を訊いた。
Ippei Suzuki
4.26.18
Culture

ジョーダン・キャスティール interview:自分をさらけ出し、神秘的でいつづけること

ジョーダン・キャスティールによるハーレムの住人たちのポートレイトは黒人であることの美しさをマジカルな光で照らす。
André-Naquian Wheeler
4.23.18
THE ORIGINAL ISSUE

Tokyo Tempest:東京テンペスト

メディアや固定観念に惑わされない、自由なマインドを持つ東京の若者たち。その側にはいつも同時代的な感性をもったデザイナーがいる。彼らの手によって作り出された服がユースによって着こなされるとき、ファッションは刷新され、新たなカルチャーが生まれる。
i-D Japan
4.19.18
10 things you need to know

吉岡里帆について知っておくべき10のこと

i-D Japan no.5でストリートでのファッション撮影に挑戦した吉岡里帆。女優として、25歳の女性として、リアルな胸の内を見せてくれた。
Wakako Shudo
4.18.18