Fashion Designer

Fashion

日本と韓国から発信されるアップカミングなデザイナーを特集

日本と韓国からインターナショナルに向けて発信されるデザイナーをピックアップ。母親の野暮ったいセーターを、自身のファッションブランドにまで昇華させた話から、ニコラ・ゲスキエール時代のバレンシアガでのインターンシップをきっかけにブランドを始めた話まで、個性豊かな話を最新のコレクションをファッションシュートともに紹介します。
Kazumi Asamura Hayashi
7.21.22
Fashion

TOMO KOIZUMIが一番大切にしていること。小泉智貴が考えるファッションの力

オリンピックの開会式での小泉のドレスを覚えているだろうか? MISIAがポジティブなエナジーを放つドレスをが纏って登場したときに、ファッションの力強さを実感した。
Kazumi Asamura Hayashi
7.1.22
Fashion

ジェレミー・スコット ファッションに生きた20年

カンザス州の小さな田舎町から、煌びやかなパリへ——その後、NYを経てロサンゼルスへと渡り歩いたジェレミー・スコット。彼は単なるデザイナーではない。ファッションの鼓動そのものなのだ。カール・ラガーフェルドに「唯一考えうる後継人」と言わしめた彼のキャリアをここに讃える。
Ben Reardon
9.20.17
Fashion

デザイナー工藤司が語る、kudos創成期

JACQUEMUSとY/Project、JW Andersonでアシスタントを経験し、その間にヨーロッパで個人制作したコレクションで劇的なデビューを果たしたkudosのデザイナー、工藤司。すでにスタイリストを中心に支持を得て、数多くのシューティングに起用されている注目ブランドだ。2度目のコレクションを制作中の彼が、自身の少年時代からブランドの立ち上げまでを詳らかに語ってくれた。
Tatsuya Yamaguchi
9.8.17