Donald Trump

Culture

「私には悪夢がある」現代社会に切りこむノー・ウェイヴのレジェンド:リディア・ランチ interview

ノー・ウェイヴのアイコンが、最新の著書『So Real It Hurts』、アンソニー・ボーデインとの関係、政治的混乱への反抗について語る。「この本は26の出版社から〈辛辣すぎる〉と断られた」
E.R. Pulgar
9.4.19
Film

『ザ・ビッグハウス』:想田和弘監督インタビュー

その町に暮らす10万人を丸ごと収容できる超巨大スタジアム、通称“ザ・ビッグハウス”。ここにはアメリカが誇る文化と抱える問題が、すっぽり集約されていた──。想田和弘は、ミシガン州の小さな町でなにを見たのか? 17名の共同監督らと共に観察するなかで浮かび上がってきた“アメリカ”とは?
Takuya Tsunekawa
6.7.18
Culture

いまこそ読みたい、ディストピア小説8冊

トランプ政権となって、オーウェル『一九八四年』が再注目を浴びている。〈ビッグ・ブラザー〉が監視する世界は、夢物語でなく、現実に近い。ディストピアを描く小説の批評性に、私たちは何を学ぶべきなのか。書評家・江南亜美子が選ぶ、いまこそ読みたいディストピア小説8冊。
Amiko Enami
9.21.17
News

スティーヴン・キングがトランプに『IT/イット』の鑑賞を禁止

キッカケはTwitter上でのブロック。
Roisin Lanigan
9.4.17
Film

『ウィッチ』映画評

ホラー映画の名作『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)のリメイクの監督に大抜擢された気鋭の映画監督ロバート・エガース。ハリウッドで近年最も期待される彼のデビュー作『ウィッチ』を翻訳家・ライターの野中モモがレビュー。
Momo Nonaka
7.20.17
Donald Trump

「トランプ大統領」が環境に及ぼす影響とは?

ドナルド・トランプ次期大統領が環境保全対策および地球温暖化対策に大きな変更を加えようとしている。これに対して、世界の学者や専門家たちはどう反応したのだろうか。
Douglas Main
11.29.16
Think Pieces

アメリカ先住民にとって「トランプ大統領」が意味するもの

これまで一貫してアメリカに暮らす先住民族を攻撃してきたドナルド・トランプ。彼がアメリカ大統領になることによってネイティヴ・アメリカンの暮らしはどう変わるのか。また彼らはどうトランプと向き合っていくのだろうか。
Braudie Blais-Billie
11.22.16
Culture

トランプタワーに続く抗議の列

アメリカ大統領選の投票結果が明らかになり、ニューヨークでは数千人もの市民が参加して「不信任」を突きつけるデモが巻き起こった。ジェレミー・リーブマン(Jeremy Liebman)がその模様を写真に収めた。
Alice Newell-Hanson
11.21.16
Donald Trump

ポスト・トランプ時代:今、私たちはどうすべきなのか?

寄付をし、他者の声に耳を傾け、戦い続け、新たな戦いに挑み、苦しんでいるひとびとと志を共にする。そして声をあげ、ストリートへ出て、団結し、隣人の手を取り、抱きしめ合おう。
Tom Rasmussen
11.16.16
News

ロンドン・コーリング:トランプ後の世界へ希望を

アメリカで数千人もの国民がドナルド・トランプの大統領選勝利に抗議するデモを繰り広げる中、ロンドンのアメリカ大使館前では<Stand Up To Racism>のプロテスト運動に多くのイギリス国民が参加した。
Matthew Whitehouse
11.14.16
Donald Trump

アメリカン・ドリームを問う英国写真家

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに残るドナルド・トランプのプレートにおしっこをかけたり、トランプの名前が書かれたコーヒーカップでアメリカの暗部をあぶり出したり——あどけない皮肉を作品に描くデイリーに、ユーモアについて、政治について、そして自分自身でいることの大切さについて聞いた。
Tish Weinstock
10.27.16
Art

「あなたを死に追いやる可能性があります」——タバコのパッケージにトランプの似顔絵を描いたアーティスト、アントニー・ミカレフ

衝撃的な作品で物議を醸しているアーティスト、アントニー・ミカレフに、モチーフとなったドナルド・トランプとアメリカのこれからについて聞いた。
Felicity Carter
10.24.16