Culture

Culture

「ふつう」の美学 2019年を定義づけた〈VSCOガール〉って何?

数年前に一世を風靡したシンプルファッションの極み、ノームコア。そのあとに残ったものとは? 〈ベーシック〉を再定義した、VSCO(ヴィスコ)ガールの正体に迫る。
Roisin Lanigan
2 days ago
Culture

グレタ・トゥーンベリだけじゃない 今知っておきたい気候変動アクティビスト3人

国連気候行動サミットでのスピーチで一躍、同世代のを代表する存在になったグレタ・トゥーンベリ。けれども、気候変動のアクティビストは彼女だけではない。今世界各地で、故郷や地球を守るべく活躍しているティーンのアクティビスト3人を紹介。
Erica Euse
3 days ago
the hero issue

東京のユースが語る ヒーローの現在地

「新しい命を育んで愛を伝える人はヒーローだと思う」。年齢、性別、肌の色、国籍、宗教……それぞれ全く異なる要素を持った若者12人に聞いた、アイデンティティの捉え方と憧れの行方。
MAKOTO KIKUCHI
3 days ago
Culture

フィルターは新しいアート媒体? インスタ大人気フィルターの生みの親が語る

世界中のひとびとをサイボーグに変身させたヨハンナ・ヤスコウスカ。彼女が実はアーティストだったことは知ってた? 独創的なフィルターで人類の顔を覆った26歳はこう語る。「自分の作品には、常にユーモアと社会批判をたっぷり取り入れるようにしています」
Marieke Fischer
1.9.20
Photography

なぜダヴィデ・ソレンティの写真は今でもユースに支持されるのか?

〈ヘロイン・シック〉の生みの親であり、夭折した写真家ダヴィデ・ソレンティの生涯を記録したドキュメンタリー『See Know Evil』が公開された。監督のチャーリー・カーランが、ダヴィデの姪であるグレイ・ソレンティと、彼の写真と生き方を語りあった。ダヴィデの未発表作品と合わせてご覧あれ。
Ryan White
1.7.20
Photography

エモ・キッズの復権

男性はどういう見た目であるべきか、どのように振る舞うべきかといった社会のイデオロギーに風穴をあけた最後のサブカルチャー“エモ”が、写真家のマックスウェル・トムリンソンの手によって現代のストリートに蘇る。
i-D Staff
1.6.20
Culture

池田エライザと考える、自分を信じるための10のこと

池田エライザのフィルター越しに改めて考える、人生を取り巻く当たり前なこと。
Saki yamada
12.25.19
Culture

自分の可能性を信じて新しい時代へ、池田エライザ interview

映画『夏、至るころ』で監督デビューを果たす女優・池田エライザの赤裸々な想いが次なる時代の扉を開く。
Saki yamada
12.23.19
Culture

新生渋谷PARCOのオープニングに密着! i-Dの独占ドキュメンタリー公開

リニューアルオープンを果たし、ファッション・アート・エンタメ・グルメなど多様な文化を再び集結させた新生渋谷PARCO。その歴史的な幕開けを記録すべく、i-D JAPAN はオープニングパーティへ潜入。レジェンドから次世代ユースなど来場者をドキュメント。
Saki yamada
12.13.19
Art

全米各地で50の美術館が女性アーティストの展覧会を開催

2020年の大統領選に先駆けて、今アメリカでは50におよぶ美術館やアート機関が同時多発的に女性アーティストの展覧会を開催。きっかけは、トランプ大統領の誕生と翌年に開催されたウーマンズ・マーチだった。
Sogo Hiraiwa
11.20.19
Culture

『このサイテーな世界の終わり』ファンは必見!殺人+ラブストーリーの傑作 9選

『ヘザース/ベロニカの熱い日』から『トゥルー・ロマンス』まで、『このサイテーな世界の終わり』シーズン2の配信が待てないファンたちのための、一筋縄ではいかない最高のラブコメ(?)をご紹介。
Emily Kirkpatrick
11.1.19
Art

織物は女性の仕事なのか?

セルフィー、セックス、生理、政治…。タペストリーにまつわる退屈な言説を変革する、6人の女性アーティストが、自分だけの〈織物観〉を明かす。
Zio Baritaux
10.31.19
0169