Culture

Culture

『VIDEOPHOBIA』宮崎大祐監督と考える、現代の恐怖症とアイデンティティのゆくえ

『大和(カリフォルニア)』『TOURISM』の宮崎大祐最新作は、「見る/見られる」ことへの恐怖を複層的に描いたサイコスリラー『VIDEOPHOBIA』。私たちは何を恐れ、何に悩んでいるのか。監督へのインタビューから現代社会の病につい考える。
RIE TSUKINAGA
10.15.20
Culture

『かか』『推し、燃ゆ』宇佐見りんinterview「自律的に生きられる人ってそんなにいるの?」

デビュー作『かか』が三島由紀夫賞を受賞。「推し」という営みの本質に迫った第二作『推し、燃ゆ』でも注目を集める宇佐見りん。21歳の新鋭作家は何を見つめているのか。
Rin Takashima
10.13.20
News

男女二元論に“違和感”を問いかけるクィア雑誌『IWAKAN』創刊

世の中の当たり前に“違和感”を問いかける。REINGが雑誌『IWAKAN』を創刊、第一号のテーマは「女男」。既存のジェンダー観に違和を感じるミュージシャン、ポルノディーバ、活動家らと共に共創した。
i-D Japan
10.12.20
Culture

東京に住む6人のユースがシェアする、自分への心のケア

劣等感、SNSのプレッシャー、漠然とした未来への不安…乗り越えるには一体どうすればいい?話すことで、それはみんなにとって共通の話題になっていく。
Saki yamada
10.12.20
think peice

精神科医とカウンセラーの違いって何? メンタルヘルスにまつわる10の質問

思っているより「精神科」ってこわくないかも? 臨床心理士やカウンセラーとの違い、病院の選びかた、受診したほうがいいタイミングなど、気になるポイントを精神科医・阿部大樹さんにきいた。
Sogo Hiraiwa
10.7.20
Culture

『異端の鳥』監督が語る、発禁書を映画化した理由

2019年のヴェネツィア国際映画祭において、『ジョーカー』以上に話題を集めた『異端の鳥』。原作にある過激な暴力シーンや獣姦シーンを再現してまで伝えたかった本作のメッセージとは? ヴァーツラフ・マルホウル監督にきいた。
Ritsuko Sambe
10.6.20