book

Culture

ブラック・ライヴズ・マターを考えるための映画・本10選

今世界中の注目が集まっているBlack Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター)運動。そこにはどんな背景、複雑さがあるのか? お財布にも優しく、アクセスしやすい本・映画・ドラマ10作を紹介。
Sogo Hiraiwa
6.10.20
Culture

フェミニストとしてのバービー:人気着せ替え人形の60年史

今年で誕生から60年。このあいだ、バービー人形はどう進化してきたのか。どのように女性のエンパワーメントの象徴となったのか。そして2019年現在、何を背負っているのか。『Barbie: 60 Years of Inspiration』を上梓した作家スーザン・シャピロにきいた。
Alyson Zetta Williams
7.25.19
News

『君の名前で僕を呼んで』原作者が続編タイトルとプロットを公開

『君の名前で僕を呼んで』原作者アンドレ・アシマンによる続編小説『Find Me』は、2019年秋に刊行予定。映画化は……?
Mitch Parker
4.9.19
Culture

現代のドラァグシーンが詰まったZINE『オーライ・ダーリン』

ドラァグ界のビッグネームを撮影したグレッグ・ベイリーのZINE『Alright Darling』が発売される。その抜粋ページを独占先行公開。
Greg Bailey
11.21.18
Interview

『ヌヌ 完璧なベビーシッター』:レイラ・スリマニ interview

現代の女性らしさの矛盾と問題を暴く小説『ヌヌ 完璧なベビーシッター』。映画化も決まっている本作の著者レイラ・スリマニが、香りや政治、登場人物の肌色を決めないことの重要性について語る。
Malou Briand
4.10.18
News

『超プロテスト・ミュージック・ガイド』の考える音楽

"ポリティカル"な音楽のパワーについて再考する注釈つきのプレイリスト集『超プロテスト・ミュージック・ガイド』が2月9日に発売された。
Ray Washio
2.19.18
News

現代美術家は社会をどう視るか? 『ジェンダー写真論 1991-2017』が刊行

東京都写真美術館などの学芸員を務め、ジェンダーやフェミニズムの視点から数多くの企画展を手がけてきた美術評論家の笠原美智子。彼女が30年にわたって執筆した論考が収録された著書『ジェンダー写真論 1991-2017』が2月26日(月)に里山社より刊行される。
Tatsuya Yamaguchi
2.13.18
party report

ソフィア・コッポラのプライベートな夜会へ

アンドリュー・ダーハムが彼女の撮影の裏側を捉えた写真集は2月9日に発売、そしてソフィア・コッポラ監督の待望の最新作『The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ』は2月23日に公開。
Tatsuya Yamaguchi
1.23.18
book

i-Dブック・クラブ:『日本のフェミニズム since 1886 性の戦い編』

「自由な選択」はどこまで自由なのかを問い、真の自由を獲得するために。
Momo Nonaka
1.17.18
Culture

「俳句はカウンターカルチャーだった」佐藤文香×福田若之 interview

「猫ですしじゃあなんでちまき食ってんのって話だわな」は俳句です。
Sogo Hiraiwa
1.5.18
News

ニルヴァーナのコレクションブック『HELLOH?』

セレクトショップoffshoreの代表である的場良平と、発起人で日本一のニルヴァーナのバンドTシャツコレクターでもある門畑明男によって、133枚のTシャツに加え、数多くの関連グッズを収録したコレクションブック『HELLOH?』がリリース。クリスマスの日に発売だ。
Tatsuya Yamaguchi
12.21.17
Culture

ジェニファー・ベイカー インタビュー後編:では、あなた方にはこの3冊

BOOKMARCのグローバル・ディレクターを務めるジェニファー・ベイカーが、ごく個人的な本との記憶、ファッション・デザイナーと本の関係を語り、i-D Japanのために「ユースに推薦する3冊」をセレクトしてくれた。前編を読んでいないあなたは、まずそちらから。
Tatsuya Yamaguchi
12.8.17
0103