Backstage

Fashion

i-D Exclusive: Backstage FUMITO GANRYU 19aw

丸龍文人のPFWMデビューショーとなったFUMITO GANRYUのセカンドコレクションを、フォトグラファーのKira Bunseが静謐な空気とともに撮り下ろした。
Tatsuya Yamaguchi
2.21.19
Fashion

BACKSTAGE: KIDILL 19aw

Siouxsie Sioux & The Bansheesのボーカリスト、スージー・スーとコラボレーションした、KIDILLのパンクシック
Tatsuya Yamaguchi
2.13.19
Fashion

BACKSTAGE: HERON PRESTON 19AW

「NIGHT SHIFT(夜勤)」をテーマに空港の作業員や東京で見た配達業者のユニフォームなどに着想を得たヘロン・プレストン。X線荷物検査台が設置された会場は、さながら空港のセキュリティゲート。TSAとそのInstagramのユーモラスな管理人であったBob Burnsにオマージュを捧げたランウェイデビューコレクションのバックステージへ。
Tatsuya Yamaguchi
1.29.19
Fashion

人間より人間的:AVALONE 19SS

7人のモデルはスキンヘッド。顔には白線の“手術痕”。たとえば、脳に人工知能を埋め込んだ人間より優れた人種が現れ、“愛”の感触を自覚したら、彼らは“より人間的”なのではないか。日本アニメ『A.D. POLICE』(1990)にインスパイアされた服が登場する、スペキュラティブな未来予想がここにある。
Tatsuya Yamaguchi
10.21.18
Fashion

少年は光をみる:SISE AW18

4年ぶりのショーを発表したSISEは、苦難を乗り越え成長した少年の姿を描いた。
i-D Japan
3.25.18
Fashion

快晴のネクスト・レベルへ:soe 18AW

雨や雪が続いたAFWTも、この夜は晴れていた。ウィーク最終日の夜、soeの2018-19年秋冬コレクションのインスターレションが催された。5シーズン目を迎えたウィメンズラインを統合するかたちでロゴも更新。soeは、17年間という時を経て、次なるステージに立つ。
Tatsuya Yamaguchi
3.25.18
Fashion

いろんな男たちへ:WEWILL 18AW

Amazon Fashion Week Tokyo最終日の夜。東京・渋谷のcontactを会場に、WEWILLのショーが始まった。
Tatsuya Yamaguchi
3.25.18
Fashion

静かにそして着実に:BODYSONG. 18AW

ヒカリエAホールが超満員になる程、注目度の高さを見せつけた今回初参加のBODYSONG. 。今回の初ランウェイショーは、デザイナーだけではなく今までブランドとともに成長してきたBODYSONG. ファミリー全員による自己紹介から始まった。
YOSHIKO KURATA
3.25.18
Fashion

「美しいものはいつまでも美しい」:KUON 18AW

襤褸(ぼろ)、刺し子、日本特有の柄表現——それらは時代を超えてもなお美しい。ブランド名は“久遠(いつまでもかぎりなくつづくこと)”に由来する、石橋真一郎がデザインするKUONの初めてのショーは、ハンドパン奏者・久保田リョウヘイの演奏で始まった。
Tatsuya Yamaguchi
3.25.18
Fashion

ミリタリー、プロテクション、エレガンス:HYKE 18AW

HYKEのミリタリー。吉原秀明と大出由紀子の感性によって生み出される無二のフェミニティは、現代の女性が求める機能性と溶け合っている。
Tatsuya Yamaguchi
3.24.18
Fashion

トラディショナルとボーイフッド:PATRICK OWEN 18AW

インドネシアのジャカルタを拠点とするPATRICK OWENが、AFWTで初めてのランウェイショーを開いた。インドネシアの“伝統”とデザイナーのパトリック・オウエンが少年時代に遊んでいたLEGOのカラーリングを重ね合わせて。
i-D Japan
3.23.18
fashon

好きはブレない:G.V.G.V. 18AW

MUGがデザイナーを務めるG.V.G.V.のショーが、東京ドームシティにある広大なローラースケートアリーナで開かれた。ブランドデビューから20年の時間を過ごした、現在形のすがたとは。
i-D Japan
3.23.18
0109