18aw

Fashion

いろんな男たちへ:WEWILL 18AW

Amazon Fashion Week Tokyo最終日の夜。東京・渋谷のcontactを会場に、WEWILLのショーが始まった。
Tatsuya Yamaguchi
3.25.18
Fashion

「美しいものはいつまでも美しい」:KUON 18AW

襤褸(ぼろ)、刺し子、日本特有の柄表現——それらは時代を超えてもなお美しい。ブランド名は“久遠(いつまでもかぎりなくつづくこと)”に由来する、石橋真一郎がデザインするKUONの初めてのショーは、ハンドパン奏者・久保田リョウヘイの演奏で始まった。
Tatsuya Yamaguchi
3.25.18
Fashion

トラディショナルとボーイフッド:PATRICK OWEN 18AW

インドネシアのジャカルタを拠点とするPATRICK OWENが、AFWTで初めてのランウェイショーを開いた。インドネシアの“伝統”とデザイナーのパトリック・オウエンが少年時代に遊んでいたLEGOのカラーリングを重ね合わせて。
i-D Japan
3.23.18
Fashion

マフィアは物語る:TTT_MSW 18aw

24歳のデザイナー、玉田翔太が手がけるTTT_MSW(ティー)のショーが開かれた。まずはじめに、この1分間のムービーを観て欲しい。
Tatsuya Yamaguchi
3.23.18
Fashion

フォーエバーアナーキー:KIDILL 18AW

3月だというのに2℃を観測した真冬のような天気の中、雨に打たれながら渋谷・Space Edgeに長い行列ができていた。廃墟のようなスペースで孤高のロックを奏でるKIDILLのインスタレーションショーが開催された。
YOSHIKO KURATA
3.22.18
Fashion

毎日気分は違うから:AKIKOAOKI 18aw

LVMHプライズのセミファイナリストに選出された青木明子が手がけるAKIKOAOKIのプレゼンテーションがpolygon南青山で開かれた。着替えをしながら、この服装が今日の気分にマッチしているか鏡で確認しているかのよう——強いクリエイティビティを宿した一着も、女性の日常に浸透する。
i-D Japan
3.21.18
Fashion

春菊は苦いけど美味い:KEISUKEYOSHIDA 18aw

「久しぶりにダウナーな気持ちです」。思春期特有の「明るいのか暗いのかわからない空気」をブランドテーマに掲げるKEISUKEYOSHIDAの吉田圭佑は今季のトーンについてこう語った。大人になっていく過程に湧き上がる、輪郭をもたない曖昧な感情に、フレッシュな眼差しを向ける。
Tatsuya Yamaguchi
3.21.18