豊田利晃とマヒトゥ・ザ・ピーポーが語る、『破壊の日』と芸術の役割