Mami Hidaka

Art

気鋭のキュレーター・飯岡陸による鑑賞の再発明。窓が舞台の展覧会「凍りつく窓:生活と芸術」とは?

ふたつの窓枠を展示空間として転用している〈CAGE GALLERY〉で、澤田華・鹿野震一郎・武田雄介の3名のアーティストが参加する展覧会が開催中。
Mami Hidaka
2.13.19
Art

「期待される製品」から最も遠いペインティングは何か? エディ・マルティネズが日本初個展で見せた新境地

ペロタン東京での日本で初となる個展開催にあたり来日していたエディ・マルティネズ。米『Interview Magazine』でも今最も期待されるアーティストの一人に挙げられる彼に、周囲から寄せられる「期待」との付き合い方をきいた。
Mami Hidaka
2.5.19
Art

ハンバーガーと一緒に「講義」を注文? 高山明の〈マクドナルド放送大学〉を東京で

演出家・高山明によるプロジェクト〈マクドナルド放送大学〉が、東京・南麻布のMISA SHIN GALLERYで展覧会として紹介されている。会期は2月2日(土)まで。
Mami Hidaka
1.30.19
Art

グラフィティライター・ZESがカイカイキキで新作を披露

二分化されがちな赤と青、その2色に強い信念を託して。アメリカのグラフィティライターZESが個展「BENEATH THE SURFACE」で新作を披露。1月25日(金)から2月15日(金)までカイカイキキギャラリーにて開催。
Mami Hidaka
1.25.19
Art

蜃気楼のような音楽を求めて:石橋英子interview

多岐にわたる活動で国内外で高い評価を受ける石橋英子。2018年夏には、制作に4年を費やした最新アルバム『The Dream My Bones Dream』を発表した。シンガーソングライターとして「いまでも本当は歌いたくない」と話す彼女に、他のプレイヤーとの共同作業と、その魅力をきいた。
Mami Hidaka
1.16.19
Culture

「紙とペンだけあればいい」:浅野忠信はなぜ3000枚以上のドローイングを描き続けるのか?

自身3冊目となる画集『蛇口の水が止まらない』を発表し、東京ワタリウム美術館でも作品展が開催されている俳優・浅野忠信。彼はなぜ紙とボールペンを用いて3000枚以上のドローイングを描くのか? ダリ、つげ義春、アメコミ——。幼少期に受けた影響や演技・音楽との関係から、その多彩な表現の源泉に迫る。
Mami Hidaka
12.14.18
Art

新しい価値を見出すために:いま最も注目されるキュレーター、アマンダ・シュミット interview

ユートピアを求め、翻弄される東京に喝。センサーシップやジェンダーにも斬り込む展覧会「Defacement」とは?
Mami Hidaka
7.26.18