Kisshomaru Shimamura

Culture

あなたにとって「No War」とは何か?「NoWar 0305」で聞いた24人の声〈後篇〉

GEZANと主宰レーベル〈十三月〉からなる全感覚祭により開催された反戦街宣「No War 0305」。アーティスト・嶌村吉祥丸が撮影したポートレイトとともに、i-Dではインタビューを敢行。当日来場した24人の声を掲載する。
Moe Nishiyama
3.30.22
Culture

あなたにとって「No War」とは何か?「NoWar 0305」で聞いた24人の声〈前篇〉

GEZANと主宰レーベル〈十三月〉からなる全感覚祭により開催された反戦街宣「No War 0305」。アーティスト・嶌村吉祥丸が撮影したポートレイトとともに、i-Dではインタビューを敢行。当日来場した24人の声を掲載する。
Moe Nishiyama
3.30.22
Culture

マヒトゥ・ザ・ピーポーの呼びかけからはじまった「NoWar 0305」。今私たちにできることは?

GEZANと主宰レーベル〈十三月〉からなる全感覚祭により開催された反戦街宣「No War 0305」。アーティスト・嶌村吉祥丸とともに、i-Dではインタビューを敢行。「No War 0305」という場を記録し、音楽とスピーチによるアピールに参加した7人の声を掲載する。
Moe Nishiyama
3.30.22
News

私たちにできること、ロシアによるウクライナ侵攻が始まり今日で4日が経った

緊急な支援を必要としているウクライナの人々のために、個人ができることをここにまとめた。平和のため、身近にできることから始めてみよう
Kazumi Asamura Hayashi
2.28.22
Fashion

大平修蔵について知っておきたい10のこと

i-D x VALENTINO スペシャルムービーに出演し、TikTokでも絶大な人気の俳優、モデル大平修蔵。わずか1年でフォロワー200万超えした世代モデルが、TikTokの活用方法や学生時代に経験したプライベートなことを語ってくれた。
Saki yamada
3.19.21
Fashion

i-D x VALENTINO スペシャルムービーに主演した池田エライザが語る、マインドセットについて。

慣習にとらわれず、性別や 年齢、場所の垣根を超え活躍し続ける池田エライザ。コロナ禍での過ごしかたやマインドセットについて話してくれた。
Saki yamada
3.17.21
fashon

i-D x VALENTINO、池田エライザと、大平修蔵を迎えてスペシャルムービーを製作

俳優、映画監督、池田エライザ。TikTokでも絶大な人気の俳優、モデル、大平修蔵がスペシャルムービーに主演。二人の進化し続けるアイデンティティを、嶌村吉祥丸が撮る。
Kazumi Asamura Hayashi
3.10.21
Fashion

「難しい伝え方をしてもピンとこない」中島沙希とGliiicoのKaiと考える、日常のサステナビリティ

ナイキの「エア ヴェイパーマックス 2020 フライニット」は普段の生活に考えるきっかけを授けてくれるポップなシューズだ。カナダ育ちのバンドGliiicoのボーカルKaiと日本で生まれ育ったモデルの中島沙希──2人の若者が環境問題について今想うこと。
Sota Nagashima
8.6.20
Music

踊ってばかりの国、下津光史は今日も希望を歌う:interview

5人組サイケデリックロックバンド、踊ってばかりの国。そのフロントマン、下津光史の歌声は何故こんなにも真っ直ぐ響くのだろう。混沌とした時代に光り輝く生粋のロックアーティストの魅力を探るべく話を聞いた。
Sota Nagashima
6.9.20
Music

愛、不敵、好奇心:シャンユーinterview「手ぶらで山登りを始めた気分」

圧倒的なユニークさで、日本のポップシーンに新風を吹き込んでいるxiangyu(シャンユー)。その大胆不敵な活動ぶりの背景には、尽きることのない好奇心と愛の信念があった。
Yoko Abe
4.15.20
Music

「エゴじゃないものを作れ」と言われるけれど:清水文太 interview

若い世代を中心に支持を集めるマルチクリエイター清水文太が、2019年末に突如配信したデビューアルバム『僕の半年間』。作詞作曲からサブスク配信まで、清水自身がすべて担当した。なぜDIYにこだわるのか? 音楽制作を始めた理由とは? 清水文太の第二章がここから始まる。
Sogo Hiraiwa
2.12.20
Culture

人は何のために走るのか? 菊乃がタイの国民的ロック歌手トゥーンとの出会いから考えた「ランニングの可能性」

ナイキラボとアンダーカバーによるランニングのコラボライン、GYAKUSOUのシーズンビジュアルに登場した菊乃が、55日間におよぶ約2200kmのチャリティランを達成したタイの国民的ロックスター、トゥーンと対面した。偉業を成し遂げたランナーとの出会いに、彼女は何を思ったのだろうか?
Tatsuya Yamaguchi
5.20.19
0102