スケートボードで結ばれた家族

ブランド設立から22年経ったSupreme。今、新しい街へ進出する。

by i-D Staff
|
16 June 2016, 1:31am

「パリで店をオープンするのは当然の成り行きだよ」と、Supremeの創設者、ジェームス・ジェビアは言う。Supremeはこれまでに、ロンドン、ニューヨーク、そして日本で店舗を展開している。「すごくしっくりくるんだ。ロンドンと同じように、パリの人たちもSupremeを何年もサポートしてくれているしね。ロンドンにヨーロッパ初の店舗をオープンしたのが4年前。次のステップを考えると、パリだったんだ」

スケートブランドのレジェンドであるSupremeは、世界中で広く知られており、評判も高い。1994年にニューヨークのラファイエット・ストリートに1号店をオープンしたのがその伝説の始まりだった。小さな路面店だったその店は、瞬く間にソーホーエリアで遊ぶスケーターたちやクールな若者の集う場所となった。その成功までの道のりはまさに順風満帆。スピードも速かった。あっという間に私たちが知っている今のSupreme——ラフで、クールなスケートボードスタイル——が広まった。世界でスケート文化の代名詞にもなっているこのブランドは新しいアイテムを発売するたびに、延々と続く行列ができることでも知られている。どんなラグジュアリーブランドの限定バッグを上回るほどの人気だ。それというのもsupremeの価値はプライスや有名人からの支持で測れるものではなく、ブランドに対する純粋な信頼度やスケートシーンからの確固たるサポートが評価の根底にあるからだ。

フランスでの初店舗は、マレ地区の中心部バルベット通りにオープンした。さほど印象的なロケーションではない。このエリアは、パリのなかでも特にクリエイティブな若者が集まる場所で、ジョン・ガリアーノがかつて不名誉な発言をした事件が起きたのもこの近辺だ。「マレ地区にお店を持ちたかったんだけど、少し商業的すぎるショッピングエリアで色々考えたよ。僕らのままでいられて、居心地がいいところにしたかったからね。そしたら、すごく静かなストリートを見つけたんだ。通りにほかのブランドの店がなくて、でも便利な場所で。ここなら僕たちのアイデンティティを維持できると思ったんだ」とジェビアは言う。

Supremeらしさの発信にあたって、新店舗のスタッフ選出にもこだわった。そのチームは才能ある地元のスケーターたちで構成されている。彼は、「僕たちにとって、ローカルなスケートシーンとかかわりを持つことは大切なんだ。スタッフはみんなクールで、Supremeのイメージを持っているコたちだよ」と話す。

約102㎡の店内には、伝説のスケーターでアーティストのマーク・ゴンザレスの彫刻が飾ってあるほか、コラージュアーティストのウィアード・デイブがウィンドウディスプレイを手掛けている。「彼らの作品は、Supremeを忠実に体現してくれている。若者らしくはつらつとしていて、リアルなんだ。それでいて世界にも通用する」とジェビアは話す。Supremeの新しい街への進出を記念して、長年コラボレートしているウィリアム・ストロベックが、新しいビデオ「Pussy Gangster」を制作、公開した。映像には、NYのスケートチームがパリを訪れて、歩行者たちの間を通り抜けていく様子が映っている。

バスティーユのLe Balajoで行われたオープニングパーティでは、過去、現在、そして未来のユースカルチャーのアイコンたちが集まった。ウィズ・カリファのスタイリングなどを手掛ける今話題のイアン・コナー。デザイナーのリック・オーウェンス、ヴァージル・アブロー、ゴーシャ・ラブチンスキーがクロエ・セヴィニーと世間話をし、Coletteのサラ・アンデルマンやファレル・ウィリアムス、エーロン・ボンダロフも駆けつけた。そして言わずと知れたスケートレジェンドのジェイソン・ディルとアンジェロ・バク、また新しいスケートスターキッズのタイショーン・ジョーンズ、セイジ・エルセッサー、ケヴィン・ブラッドリー、ショーン・パブロなどそうそうたる顔ぶれが参加し、そこにいる全員が、新しいSupremeの歴史の始まりに興奮しているようだった。ほかのブランドがもたもたしている間に、Supremeはすさまじいスピードで世界に進出しヴィジョンを広めている。「僕たちは変わらない。いつでもクールなものを作り出し、前に進みたい。ユースを尊重するブランドであり続ける。そして自分たちに正直でいる」と、ジェビアは話す。自分自身に素直でいるということが最も大きな成果になる、というタイムリーな発言だった。

Credits


Text Lynette Nylander
Photography Maxwell Tomlinson 
Translation Aya Tsuchii

Tagged:
Skate
supreme
james jebbia
the new luxury issue
the new luxury