ペリメトロンの「今、聴いてる音楽」

気鋭のクリエイティブ集団PERIMETRONのメンバーに「今、おすすめの一曲」をきいた。

|
jul 2 2018, 6:00am

Miyachi「Wakarimasen」
「ヒップホップを好んで聞くタイプではないけどこの曲は好き。伝えたい内容の切り取り方も、MVも面白いしイケてる。何せユーモアがある」OSRIN

坂本龍一「M.A.Y . in the Backyard」
「映画『君の名前で僕を呼んで』の冒頭で流れたこの曲がずっと頭から離れず、サウンドトラックをダウンロードして、坂本龍一さんの曲だったと知りました。不穏な曲調で、危険な香りがするのですが、覗いてみたくなる。自分の中にある好奇心と重なって色んな情景が見えました。自分も作品をやるうえで、その先に向けた人々が僕が坂本さんの曲を聴いて感じたような情景を味わってくれるのなら最高だなと思いました。素晴らしい表現だと思わせてくれた曲です」Ryohei Matsuda

椎名林檎「ありあまる富」
「最近一番響いた曲です。『富』という言葉の使い方をを僕ら・彼らと主語を分けることで異なる価値観として表現しているあたりにセンスと共感を感じます。Perimetronで仕事(生活)をしていて、自分にとっての富・僕たちメンバー同士にとっての富が共有できていたり、その他の人々と僕らにとっての富が異なることも多々あるので、聴いて思うことがたくさんありました」Shotaro Nishioka

BROCKHAMPTON「BOOGIE」
「チーム編成からアルバムのミクスチャ感、トラックに使ってる音選びとか頭固くなくて好きですね。曲単体というよりもカルチャー的な動き含め楽しませてくれる。カニエのファンクラブで知り合ったメンバーもいたりとか。PERIMETRONと近いとこもありそうで仲良くなれそうだなって(笑)」Shu Sasaki

King Krule「Dum Surfer」
「ネオパンクって感じで最高。最近こういうジャンクな声の奴おらんかったし。Mount Kimbieとかエレクトロ的なサウンドとも接近してるスタンスが今時で良い。かっくいい」Daiki Tsuneta