メタルが愛する"パッチ"を一冊に

新鋭フォトグラファー、メルヒオール・フェラドゥー=テルセンが写真集KILLING TECHNOLOGYを発売。「自分の好きな服をプライド持って着ろ!」というテルセンのメッセージが込められた写真たちは必見だ。

by Aya Tsuchii
|
26 October 2016, 6:30am

今アンダーグラウンドシーンで話題のフォトグラファーといえばメルヒオール・フェラドゥー=テルセンの名が挙がるだろう。パリを拠点に活動しているテルセンは、ミュージックカルチャーやストリートシーンなどを独自の観点で切り取った作品は人々を魅了し、今では雑誌やブランド広告など幅広く手掛けている。そんな彼の写真集「KILLING TECHNOLOGY」が、フレンチエレクトロシーンを牽引するED BANGER RECORDSのオーナー、ペドロ・ウィンターが運営するHEADBANGERS PUBLISHINGより発売された。

これまでも様々なシーンを撮りおろしてきたテルセンだが、今回の写真集では、メタルファンがライブなどで着ているジャケットやベストなどにカスタマイズされている様々な"パッチ"に着目。ジャケットからは、着用している人の好みやセンス、バンドへの愛情の深さが読み取れる。テルセン自身も着用しているというパッチがDIYされている服は威圧感が感じられ重量感がある個性的なものばかりだ。先週金曜日にはbonjour records THE PARK・ING GINZAにてサイン会を開催しTee+MIX TAPE・サインドのポスターを限定発売した。

初回版は限定500部の発売であり、価格は7,500円(税抜き)。「自分の好きな服をプライド持って着ろ!」というテルセンのメッセージが込められた今回の写真集。メタルフリーク達がカスタマイズしたジャケットやベストたちはどれも迫力があり、思わず目を奪われること間違い無し。

Credits


Text Aya Tsuchii

Tagged:
Culture
Photography
Ed Banger Records
Busy P
Melchior Tersen
book
Killing Technology