小袋成彬の22問22答「今は希望を持って未来を見てる」

2020年代を定義づける快作『Piercing』をリリースした小袋成彬。ロンドンへの移住は、彼の生活や楽曲制作にどのような変化をもたらしたのか? Tohji、水原佑果 、adieu(上白石萌歌)​、オカモトレイジ、樋口恭介​──22人から寄せられた質問に、小袋が答えて、答えて、答えまくる。

by Sogo Hiraiwa
|
06 February 2020, 2:30am

宇多田ヒカルをプロデューサーに迎えたアルバム『分離派の夏』で、2018年に鮮烈なメジャーデビューを果たした小袋成彬。2019年2月からは拠点をロンドンへ移して、新たな楽曲制作を続けていた。そして昨年末、激動が予想される2020年代にフレッシュな風を吹き込むべく、最新アルバム『Piercing』を発表した。Twitterに「28歳にして初めてピアスの穴を開けた」と投稿してから五ヶ月後のことだった。

ロンドンへの移住は小袋の生活や楽曲制作にどのような影響を与えたのだろうか。

『Piercing』のリリースを記念し、小袋をよく知る(はたまた初めましての)22人から、どうしても本人に訊いてみたかった質問を募集。ピアスをした理由は? 三島由紀夫と話せるとしたら何を話す? 作詞のコツは? 小袋にとことん答えてもらった。

──Hi! ロンドンはどうですか? パーティーが終わり1人になったとき、ふと何を思い出しますか? 音? 人? その日の温度?(Kotsu CYK)

Hi! ロンドンはいろんな音楽のコミュニティがあって、最高に楽しいよ。音が体を支配した瞬間。泳いでる感じを思い出す。

──小袋くんの歌詞が好きです。詞を書くコツはある? こういうときに書けるとか、こういうことを意識しているとか。(三原勇希 タレント・DJ)

ありがとう! 今でも模索してるから、わからない。仲の良い友達と話していて、妙に耳に残ったフレーズがあったり、あるいは二人の中でミームになったりするでしょう? その延長で歌に詞がのれば、ベストだと思うときがよくある、最近。

──ピアスはどうしてしようと思ったの?(角舘健悟 Yogee New Waves

Louis Vuittonの2020SSのショーレポートをたまたま見てて、ルイス・ハミルトンがベンチに座ってる写真に、妙に惹かれたんだよね(笑)。わお、F1ドライバーが、イケてる格好して、でけえピアスして、最高のファッションショーを特等席で見てるぜ!って。俺も好きなことして、好きな場所に住んで、最高の音楽をクックしてるアーティストなんだから、ダイヤのピアスしなきゃな、みたいな(笑)。

──“Piercing”すること、あるいは”Tatoo”を入れることなど、自身の身体への物理的な変化は心理的にどのような影響を与えますか?(嶌村吉祥丸 フォトグラファー)

ポジティブになるんじゃない? その瞬間は。

──ロンドンで2番目に美味しいと思う店を教えてください。(マイカルブテ ミュージシャン)

ケンジントン公園の近くにある〈Di Lieto〉ってお店のアップルパイは超絶美味い。俺、甘いもの苦手であんまり食べないけど、あれは格別。

──幸せってどんな瞬間に感じる?(水原佑果 DJ・モデル)

夜中に、まだ聞いたことないアルバムを聴き始めたら、1曲目から最高だったとき。

──『Piercing』、本当に素敵でした。アルバムを聴いてどこか懐かしさを感じ、同時に新鮮な瞬間もあったので、自分の感覚が全く新しく塗り変わっていくような気持ちになりました。小袋さんは音楽を作ったり聴いたりするときに、記憶を出発点にしますか? 空想の世界を作る感じ? 教えてください!(ermhoi ミュージシャン)

久しぶり! 素敵な感想をありがとう! 記憶を出発点にするのは、前作でやめちゃった。今は「空想の世界を作る感じ」に挑戦してる!

──小袋さんの楽曲を聴いて「フランク・オーシャンみたい」と形容する人と、「フランクオーシャンと比較する奴は耳が腐ってる、むしろJPEGMAFIAやカニエ・ウェストなどと比較するべき」という人間の双方について正直どう思ってますか?(Franz K Endo アーティスト)

知ったこっちゃねえよ(笑)。別の教室で、仲良くやっててよ。

──そもそもの話、小袋さんは何を求めて創作をされていますか。僕は創作することが好きですが、自分がなぜ創作が好きなのかはわかりません。創作は基本的に苦しく、なぜこんなことをずっとしているのだろう、とふと思うことがあります。それでも好きでいられる理由について、ときどき考えてみて、答えのようなものを得ることがありますが、次にとっかかったときにはその気持ちが消えていて、別の気持ちで好きでいるということを繰り返しています(今、ここまで書いてみて、わかった、だから好きなんだな、とも思ったのですが、またそれも消えていく気持ちなのかもしれません)。もし小袋さんのなかに、創作を続ける明確な理由のようなものがあれば、聞いてみたいです。(樋口恭介 SF作家)

はじめまして! 特に何も求めてないし、続ける理由もないです! あ、あるときもあります、前作とか。俺、音楽が超好きなんです。小さいころからずっと夢中なんです。

──どこの空で飛ぶ?(haru. 『High(er)Magazine』編集長・HUG inc.代表)

ウェールズのほうだとかなり飛べるとこあるっぽい。

──付き合うなら年上? 年下?(Tohji ラッパー)

年上。

──成彬の音楽はジャンルが流動的だけど、最近試してみた新しいジャンルもしくはサブジャンルの音楽ってある?(Kenn Igbi アーティスト/プロデューサー)

最近イギリスのハウスミュージックにハマってるよ。あのカルチャーはいつも革新的なアイデアに溢れてる。

──2ndアルバムと関係なくて申し訳ないのですが、「Selfish」のPVについて。車の中で放り投げた(?)ピザのゆくえが気になって夜も眠れません。教えてください。(adieu/上白石萌歌

スタッフがおいしくいただきました。

──「誰にも見れないからこそ絶景」という「Gaia」の一節が象徴的ですが、常に変化する風景として過去を見ているような、記憶との距離の取り方が印象に残りました。個の物語でありながら、(声の多様さによるところもありますが)群像劇のようにも感じました。前作と新作の制作において、過去や記憶との向き合い方や距離感に変化はあったのでしょうか?(ミヤギフトシ 現代美術家/小説家)

はじめまして! 去年出会った、ある女の子の話です。彼女は、元恋人の写真やプレゼントを、部屋の隅に綺麗に飾っていました。これさ、新しい恋人できたらその人は嫌な気持ちにならない?と聞いたら、これこそ今の私を形成しているものだから、これもまるごと愛してくれないと嘘になっちゃうじゃない、と返されてずいぶん感心したんです。彼女は過去との距離感が近すぎるけど、過去や記憶に対して「蓋をする」「懐かしむ」「慰める」っていう数多のオプションの中に新たに「愛する」っていう選択肢が加わって、ああこれは素敵なことだなと思いました。なかなか簡単に選択できる道じゃないですけどね(笑)。

──実際に聞いた、忘れられないセリフってありますか。(フィクショナガシン ライター)

「トイレに行ってくせえ! と感じるのは、うんこの飛沫が鼻の受容体にくっついてるから」友達談

──東京での暮らしとイギリスでの暮らし、同じ島国といえど全くちがう土地に制作拠点を移して、良くなった部分とあまり良くない部分、どちらも聞きたい。(草野庸子 写真家)

良かったことは、とにかく日本のクソみたいなバイブスから逃げられたこと。これは何より良かった。今は、希望を持って未来を見つめられるから。作品物のクオリティも数段上がってる実感もある。これは何より重要なことだし、移住しないとできなかったことだと思う。本当に。文字では伝わらないくらいに。

良くない部分、イギリスにだってクソみたいなバイブスがあるってこと。この前の総選挙の結果を受けて、少なくとも自分の周りは全員イギリスという国に失望してる。実際にロンドンを離れた人だっている。電車に乗るとほぼ必ず、ホームレスに金をねだられる。リアルに95%くらいの確率。道端で「おいそこの中国人!」って声かけられたよ。この一年で三回ね、全部はっきり覚えてる。NHSは人を待たせすぎ。耐えきれなくて、この前プライベートの病院に行ったら7万円したよ。年金高すぎ。てか、家賃が高すぎ。Extinction Rebellionも、今の俺には鬱陶しい。

制作拠点を移すことは、想像以上に自分がリフレッシュされるよ。それから先は、結局、いつもの日常が待ってる(笑)。

──人間ってなんのためにいると思いますか? (imma ヴァーチャルモデル)

君を面白いと思うため!

──Qiezi Maboさんの中身って小袋さんですか? もし違うのであれば関係性を教えてください。(オカモトレイジ OKAMOTO'S)

Qiezi Mabo is you.

──無人島に5つなにかを持っていけるならなにを持っていく?(Yuto Uchino The fin.)

フジロックのGREEN STAGEのサウンドシステム。しんかい2000。巨大マゼラン望遠鏡。フィルムカメラ。ライター。

──熊本に来たらどこに行きたいですか? 何が食べたいですか?(大西一史 熊本市長)

はじめまして! 南阿蘇のアスペクタに行って、ステージに立って、BEAT CHILDを追体験したいです。あとは今年の「森のくまさん」を、馬刺しをあてにして食べたいです。

──今年は三島由紀夫没後50年ですが、50年前に戻って三島由紀夫とじっくり話せる機会があれば、何を話したいですか。(坂上陽子 『文藝』編集長)

手土産として、未来からPS4と最新のiPhoneを持っていってあげたい。それから、2020年時点で憲法改正はまだ無理っぽいって伝えたい。あと、俺の新しいアルバムを聞いてもらいたいです。酷評される前に、心を鍛えておかないと(笑)。

──「今に生きること」は君にとってどんな意味を持ってる? 過去に縛られたり、未来を心配したりするより、今を大事にしているように見えるけど。(Min Hyun Woo フォトグラファー)

時々、自分はすごい時代のうねりにいるんじゃないかと思う。実際に「移民」としてブレグジットを目撃できるわけだしね。超ラッキーだよね。未来を憂うより、今この瞬間を楽しみたいよ。

小袋成彬, 宇多田ヒカル, アルバム, PIERCING, ピアシング, ロンドン, ピアス, Tohji,

『Piercing』のサブスクリプションサービス・ダウンロードはこちら。 https://erj.lnk.to/piercingAW

Tagged:
Interviews
Piercing
nariaki obukuro