独占!コムアイ、ドルチェ&ガッバーナのショーに登場

世界中からミレニアルズが集結したDolce & Gabbana 2017-18 秋冬 ウィメンズコレクション。"#DGFamily"の一員として抜擢された、水曜日のカンパネラのコムアイ(Kom_i)をキャッチすべく舞台裏へ潜入。

by i-D Staff
|
01 March 2017, 8:25am

先日ミラノの<メトロポール>で開催されたDolce&Gabbana 2017-18秋冬 ウィメンズコレクション。 ランウェイには世界各国のミュージシャンやミレニアル世代のセレブリティを中心に、約140名のモデルが闊歩した。そんな中、唯一の日本人として参加したのが、水曜日のカンパネラのコムアイだった。ショー開始直前、i-D Japanはバックステージで出番を待つ彼女に話を訊いた。

ランウェイを歩くのは初めてですよね。
そうです。こんな(直前の)タイミングのオファーじゃなかったら出ることなかったと思います。テレビのドッキリ企画だと思ってました(笑)。

ドッキリ!(笑)昨日のフィッティングはどうでしたか?
面白かったー!すごい勢いで決まっていきました。でも、「こういうのあるけど、どう?」って聞いてくれたりして、優しかった。メイクもこうしてほしいってリクエストできたし、髪の毛も切ってもらえました。ここ(頭)にロボットがくるから、髪の毛をもっと短くしちゃおうと思って。

ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナはどんな人でしたか?
ふたりは本当に仲が良くて。お土産に柿の種と扇子をあげたんだけど、喜んでくれました。

服を選ぶときはどんな感じでした?
基本的にはドルチェが採寸をして、サイズを合わせていきました。ステファノはずっと座って、全体の雰囲気を見ていて、ドルチェが迷ったときに「この色にしよう」とか「こっちの色にして」って、パッと言うような感じ。ふたりのコンビネーションが面白かった!

Credits


Photography Piotr Niepsuj

Tagged:
Backstage
fashionweek
MFW
kom_I
dolce&gabbana
aw17
autum/winter2017
domenicodolce
milanofashionweek
piotrniepsuj
stefanogabbana
wednesdaycampanella