『Buffalo Zine』6号:世界最大のIKEAに潜入

カルト的な人気を誇るロンドン発人気ZINE『Buffalo Zine』が最新号の6号を発売した。インテリアと家の美しさをテーマにした最新号の一部を独占公開!

by Buffalo Zine; translated by Aya Takatsu
|
05 December 2017, 1:19pm

『Buffalo Zine』は洗練されていて格好よく、そして楽しい。熱狂的な人気を誇り、読者に「大切にとっておきたい」と思わせるZINEだ。『Buffalo Zine』は毎号素晴らしいアイデアと写真がつまっているが、前号ではレノン・ギャラガーにBlurのバンドTを着せてのけた! 最新号ではインテリアと家の美しさをテーマとしている。外出がイケていた時代はもう終わり——今はインドアの時代だ。今回『Buffalo Zine』は特別に最新号で彼らが特に気に入っているストーリーをi-Dのために先行公開してくれた。

「ストックホルムの靴ブランドEytysで働く友人がスウェーデンのとある家族に僕たちを紹介してくれた。そして彼らは、高級なものと安価なものをなんのてらいもなく組み合わせて楽しんでいた。。そんな彼らがIKEA Kungens Kurva店(世界最大かつ最も古い店舗)に行くというのでついて行った。(私たちは特別に撮影許可を得ることができた)そこで、彼らが自慢の家のための装飾品を買う様子を見せてもらった」——デイヴィッド&エイドリアン(『Buffalo Zine』)

IKEAは何度行っても興奮してしまう。その広大さ、迷路のような順路、そこに広がる無数の家具、託児所で大はしゃぎする子どもたち、トレイのぶつかり合う音が響く食堂——そのどれもが楽しいのだ。創業74年となるIKEAは今日ではスウェーデンの文化的アイデンティティの一部となっている。

IKEAには「デートで行くと別れる」という都市伝説もある。デスクセットのNORRVIKENを買うか、子ども部屋用にSMÖRBOLL(布団カバー)を買うかでケンカし、それが発端となり別れたカップルは少なくない。UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)のビジネス心理学講師ゴーカン・アーメトグルー(Gorkan Ahmetoglu)博士は、IKEAについてこう分析する。「IKEAを訪れると整ったキッチンや寝室、浴室を見ることができて、商品をどう使えばどんな空間ができるかを消費者が想像することができる。それがIKEAの商法です。使い方が想像しやすければしやすいほど、人はその商品を買いたいと感じるもの。ビジネス心理学ではそれを『可用性の先入観』と呼びます」


つまりIKEAに行くとわたしたちは埃ひとつなくキレイで整った空間に新しくて、より良い生活を想像してしまうというわけだ。一変した生活を想像することでセロトニン(多幸感を伴うホルモン)が分泌される。一方では一緒に買い物をしているパートナーの仰天チョイスにコーチゾル(ストレスホルモン)が分泌される。ホルモンのバランスが崩れることによってIKEAでは平常心でいられなくなるのだ。だから今度IKEAでパートナーとの衝突が起きても、IKEAのせいにしてはいけない。IKEAはひとびとの生活を手助けするために生まれたお店なのだから。

インテリアと家の美しさを追求するのにStora Sundby Slott城ほどうってつけの場所もないだろう。19世紀にイェルマレン湖のほとり、松林に囲まれた土地に建てられたこの城は4つの塔がそれぞれ四季を、12の小塔が1月から12月を、5城内にある52の部屋が一年の週数を、365枚の窓が日数を象徴しているなど、建築の詳細にいたるところまでスカンジナビア的な「自然との共存」の意識が織り込まれている。

現在城主を務めているMaurtiz Klingsporは驚くほど若く快活な男だ。。祖先が1848年に建設して以来代々この城を受け継いできた。彼は父や自身の家族とともに今でも敷地内に暮らしており、束の間の自然を楽しみたいストックホルムの都会人たちに狩りや釣りができるよう敷地を開放している。城周辺にはたくさんの動植物が生息しており、ヘラジカやアカシカ、イノシシなどを見ることができる。また鳥類や水性動植物の生態系促進のために池や沼、湿地帯などを整備も行っている。
Klingsporにとって敷地内の豊かな自然を保護することが何よりも優先されるべき課題だという。起業家としての経歴を生かし今後は結婚式やイベント、写真撮影ができるスペースとして城を開放し、今後もその存在と価値を引き継いでいきたいと考えている。その一環として今回『Buffalo Zine』もStora Sundby Slott城で撮影させてもらうことができた。場所を貸し出すことで活気を取り戻す田園風景——僕たちもここに住まわせてもらえないだろうか?

Credits


Photographer Mathilde Agius
Stylist Clare Byrne
Hair Stylist Jessah Amarante Using Sachajuan
Make Up Artist Johanna Nomiey Using Chanel
Produced By Shiny Projects & Adamsky
Locations Ikea Kungens Kurva, Stora Sundby Castle
Thanks Jonathan Hirschfeld, Ester Milebratt, Max Schiller, Calle Branca, Mauritz & Ida Klingspor & All The Klingspor Family

Produced In Collaboration With Eytys.Com

Tagged:
Fashion
Photography
Zines
ikea
buffalo zine