ベース、IDMを交ぜた予測不可能な独創的グルーヴ。ハイブリットテクノの新鋭Simo Cellが東京&大阪で初プレイ

Simo Cellが2/22(金)東京WWWβで開催の現代エレクトロニックなパーティ「解体新書」ではAKIRAM ENと、2/23(土)大阪Circusの「四海文書」ではOoshima Shigeruと邂逅。

by Saki yamada
|
22 February 2019, 7:17am

ブリストルの若手シーンを引率するレーベルTIMEDANCEのコンピレーション『Patina Echoes』にも参加、同レーベルの主催者BatuとのB2Bセットで各国主要クラブをツアーするなど、破竹の勢いで活躍を見せるフランス出身のDJ・プロデューサーSimo Cell。まずは彼がBoiler Roomで披露した骨太なダンスセットを見て欲しい。

重心を捉えながらもレイヴィーなサウンドとパワフルなパーカッションで絶妙な中毒性を放つ彼が、東京と大阪で念願の初来日ツアーを敢行する。今回のパーティのホストを務めるのは、世界と東京のエレクトロシーンを繋ぐ注目の若手パーティ「解体新書」だ。

クラブカルチャー開拓の地として刺激的なサウンドを取り込むWWWβで開催される東京公演では、アヴァンギャルドかつレフトフィールドな電子音楽で卓越したグルーヴを紡ぐAKIRAM EN に加えて解体新書クルーであるRomy MatsInqapool がサポート。そして解体新書の兄弟的パーティとしてスタートした「四海文書」が大阪Circusを舞台に、主催のAlbino SoundとDJ No Guarantee(CYK)、ローカルゲストととしてOoshima Shigeru、そして東京公演と同じくRomy MatsとVJ Camelが白熱の一夜を繰り広げる。

長年の活動により培われた安定感と冒険心を絶やさないエクスペリメンタルなミックス、Simo CellやAKIRAM EN、Ooshima Shigeruらのプレイを見れば、その説得力を目の前にして思わず体を揺らしてしまうだろう。

「解体新書 feat. Simo Cell & AKIRAM EN(https://www-shibuya.jp/)」

日程:2019年2月22日(金)
開場:24:00 -
会場:WWWβ
住所:東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
入場:ADV ¥1,800@RA | DOOR ¥2,500 | U23 ¥1,000
※You must be 20 or over with Photo ID to enter.
Simo Cell [Livity Sound | BFDM | Timedance / France]
AKIRAM EN [forestlimit]
Romy Mats [解体新書 | N.O.S.]
Inqapool [解体新書]
VJ: Camel [解体新書]

「四海文書 feat. Simo Cell(https://circus-osaka.com/)」

日程:2019年2月23日(土)
開場:22:00 -
会場:CIRCUS Osaka
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目8-16 中西ビル
入場:ADV ¥2,000 / DOOR ¥2,500
Simo Cell [Livity Sound / BFDM / Timedance / France]
Ooshima Shigeru [2x4]
Albino Sound - Live
DJ No Guarantee [CYK]
Romy Mats [解体新書 | N.O.S.]
VJ: Camel [解体新書]
PA: Yori

1550824712025-IMG_0529