ボッテガ・ヴェネタ、クォータリーのデジタルジャーナル「Issue 01」を通してデジタルワールドに一石を投じる

ソーシャルメディアに対しての疑問に、一石を投じるデジタルメディア。ブランドの世界観が拡大された価値観を、デジタルスペースより発信。

by Kazuki Chito
|
01 April 2021, 6:55am

ソーシャルメディアの利用頻度が高い現代社会において、ボッテガ・ヴェネタが突如インスタグラムやツイッターのアカウントを消したことは記憶に新しい。ボッテガ・ヴェネタはデジタルの力や影響力に価値を見出していながらも、解放とよろこびの感覚をもたらす独自のスタイルを追求した結果、今回のデジタルジャーナルにたどり着いたという。 

「Issue 01」では、オーディエンスとのかかわり方を再定義し、また、ボッテガ・ヴェネタのプロダクトを買う必要のない人を含め、ボッテガ・ヴェネタの信念がより多くの人に向けて民主的な方法を通して語りかけられている。

ボッテガ.jpg
画像②-4.jpg


ソーシャルメディアは、誰もが同じ情報を見るという意味で、カルチャーの均質化を表すものであり、個性を育まず、またクリエイティブプロセスに対する弊害ともなり得る。そのような中で、ボッテガ・ヴェネタによって創り出された「Issue 01」は、デジタルカルチャーにおける同ブランドの価値観が体系化された表現方法であり、ペースの速いデジタルワールドに一石を投じている。

ソーシャルメディアを離れること=アナログになるという単純な二項対立に向かうのではなく、新しいユニークな方法で発行された今回のデジタルジャーナルは非常にボッテガ・ヴェネタらしい。そんな同ブランドのデジタルジャーナル「Issue 01」は公式ウェブサイトから見ることができるので是非チェックしてみて欲しい。

画像④-7.jpg
画像③-4.jpg

www.bottegaveneta.com/

Tagged:
bottega veneta
issue 01