Calvin KleinがLGBTQIA+の旅路における決定的瞬間を称える『#proudinmycalvins 』キャンペーンをローンチ

Calvin Kleinがクィアとトランスの旅路における決定的瞬間を称えるグローバルキャンペーン、『#proudinmycalvins』をローンチ。キャンペーンストーリーと映像をモンタージュした特別動画が公開されていく。

by Kazuki Chito
|
03 June 2021, 1:50am

5月27日、Calvin Kleinがクィアとトランスの旅路における決定的瞬間を称える最新キャンペーン、『#proudinmycalvins』をローンチした。キャンペーンの一環として同ブランドは才能あふれる人々の人生に変革をもたらした様々な瞬間や出来事を振り返る。

6人の写真家がシンプルな背景をバックに、うちとけた雰囲気の中で8人のキャストの姿をとらえたフォトグラフィーや、共感を呼ぶキャストのストーリーと経験が様々な感情と共に記録された短編フィルムなどが公開される。

画像1.jpeg
Arca, Photo by Gorka Postigo
画像2.jpeg
Omar Ayuso, Photo by Gorka Postigo

Calvin Kleinは、LGBTQIA +の擁護、平等、安全を支援する複数の非営利組織とパートナー契約を結んでおり、今年は、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア、クエスチョニングの若者のための世界最大の自殺防止・危機介入組織「トレバー・プロジェクト(Trevor Project)」と2年間のパートナー契約を締結するなどし、LGBTQIA +コミュニティのインクルージョンを促進してる。

性的指向、性自認、性表現や性的特徴を理由に差別を受けるLGBTQIA +の権利を求める世界的組織である国際レズビアン・ゲイ協会(ILGA)の活動も支援する同ブランドによる一連の短編映像は『#proudinmycalvins』コンテンツの延長として、Calvin Kleinのさまざまなチャネルで一年を通して閲覧可能となり、キャンペーンストーリーと映像をモンタージュした特別動画も公開されていくので、是非チェックしてみて欲しい。