Hood by Airが提案する新しいランウェイ

HBAがまた新たな試みを始めたようだ。

by i-D Staff
|
09 June 2016, 4:30am

Saint Laurentはもうロサンゼルスを拠点としたブランドではないかもしれないが、西海岸に向かっている波は全くとどまっていない。ニューヨークに拠点を置いているシェーン・オリバーのブランドHood by Airは、カプセルコレクションをMade LA(ファッションと音楽を中心としたイベント)で発表する。また同イベントでは、Moschinoの2017年春夏メンズコレクションも発表される予定だ。

HBAでは、業界のトレンドである「ready to buy(その場で購入できる)」方式にならい、全てのコレクションピースがショーを開催している間に予約できるシステムが採用されている。また、1ヶ月後には同ブランドのウェブサイトにも展開されるという。パフォーマンスやプレゼンテーションの直後にそのアイテムがすぐ買えるという方式は今後も続けられる予定だ。オリバーは、『Vogue』誌で「業界で主流の販売システムに加担するよりも、消費者へのアプローチ方法を自分で編み出したい」と話している。Made LAの2日目、6月11日にはミュージシャンのショーン・ボウイによる一夜限りのライブとストリーミング配信されるランウェイが同時開催される。Hood by Airが再び、ランウェイの新たな基準を作ろうとしている。

Credits


Text Jack Sunnucks
Photography Jason Lloyd Evans 

Tagged:
Fashion
Hood By Air
Shayne Oliver
made la
la fashion