新しいラグジュアリーとは?

絢爛豪華な贅沢さよりも時間をかけて作られたもの。細やかな技、時間や発想もしくは自由。ラグジュアリーの価値観が変わりつつあるいま若い世代にとっての本当のラグジュアリーとは何か。9人の新鋭フォトグラファーが彼らにとって本当に価値のあるものを撮影した。若い世代にとってのラグジュアリーの定義を求めて。

by i-D Staff
|
04 August 2016, 7:44am

「ラグジュアリーは、完全なる自由。
時たま訪れる、望むものが全て達成可能に思える瞬間のこと」
Photography Vicki King

「ラグジュアリーとは、切り開かれた道」
Photography Eddie Wrey

「私にとっては時間が1番のラグジュアリー。
妹を見るたびに頭1つ分大きくなっていて時間がどれだけ経ったのか気づかされる。
ニューヨークで怒涛の日々を送っているから妹に会うたびに衝撃を受ける。
そして失った時間を惜しむ」
Photography Stef Mitchell 

「ラグジュアリーとは、瞬間的な美しさに焦点を当てること」
Photography Ko-ta Shoji

「ラグジュアリーとは、新しい生命の創造」
PhotographyLily Rose Thomas

「ラグジュアリーとは、正義が肌の色や性別、
信仰を問わず全ての人に平等に与えられること」
Photography Alina Negoita

「ラグジュアリーとは、若者の無垢さ」
Photography Sam Rock

「写真は、尊敬する人たちを世界に見せる私なりの手段。
その価値は誰もつけられない」
Photography Chad Moore

「孤独と静寂こそが最上級のラグジュアリー」
Photography Christopher Nunn

Tagged:
portfolio
Lily Rose Thomas
Christopher Nunn
Chad Moore
alina negoita
stef mitchell
sam rock
eddie wrey
ko-ta
rafelle cariou