月へ行く30の方法 土屋信子の個展「30 Ways To Go To The Moon」開催

5月29日から7月14日まで、東京・上野にあるSCAI THE BATHHOUSEにて土屋信子による個展「30 Ways To Go To The Moon」が開催される。

by Ray Washio
|
11 May 2018, 3:54am

土屋信子《半径クリーム結合》、2016年、シングルチャンネル、1分21秒

土屋信子は1972年横浜生まれ。ロイヤル・アカデミースクール・オブ・アーツで学んだあと、ロンドンでの活動を経て現在は日本で活動しているアーティストだ。アンテナや、プラスチック・チューブ、吊り下がったフェルトやガラスのビーカーなど、多くは廃品であるそれらの素材を使用し、詩的で精密な作品を制作している。

SCAI THE BATHHOUSEでの7年ぶりとなる今回の個展のタイトルは「30 Ways To Go To The Moon」(月へ行く30の方法)。月という身近な未知に到達するための数々の秘策が、展示空間に惜しげなく放たれるという。

Nobuko TSUCHIYA《In Mexico》、2017年、ミクストメディア、h.15 x w.11 x d.25 cm

2017年に行われた駒込倉庫の個展ではメキシコの市場で行ったパフォーマンスの体験から着想を得て、魚たちからのプレゼント「月に行けるゼリー」や、サボテンの毛のような「ふわふわ飴」のおもてなしで、プライベート空間を創作した土屋。素材の質感にまでいきわたるユーモアが、人々が共有する記憶や感覚をくすぐり、圧倒的なフィクション世界へと解き放たれることだろう。

Nobuko TSUCHIYA《In Mexico Ⅲ》、2017年、ミクストメディア、h.10 x w.10 x d.13 cm

土屋信子「30 Ways To Go To The Moon」
会期:2018年5月29日 - 7月14日
時間:12:00 - 18:00
休廊日:日、月、祝
場所:SCAI THE BATHHOUSE
東京都台東区谷中6-1-23

Tagged:
Nobuko TSUCHIYA​
30 Ways To Go To The Moon
SCAI THE BATHHOUSE